専門家が評価するキャットフード評価サイト

猫の運動不足を解消しよう!おすすめの運動不足の解消法を紹介

記事の執筆者
yuzukei-m
愛玩動物飼養管理士・ドッグライフカウンセラー・動物介護士の資格を保有したライター。猫や犬の飼育歴は20年以上で、現在は猫5匹と犬4匹と生活をし、地域の動物愛護推進委員・保護動物ボランティアも行っています。過去にはブリーディングも行っていました。その経験を元にした情報をお届けします。

1日の大半を寝て過ごしている猫でも、実は運動不足になることがあるんです。

でも、猫にはいったいどの程度の運動が必要なのか、よくわかりませんよね。

そこで、猫に必要な運動量や運動不足解消方法を紹介すると共に、おすすめの猫用おもちゃを合わせていくつか紹介していきます。

猫も運動不足になるの?

毎日ゴロゴロと寝て過ごしているように見える猫ですが、実は毎日運動をしっかり行わないと運動不足になってしまいます

とは言え、猫の必要運動量はとても短く、1日に10分程度の運動で十分とされています。動きが活発な短毛種でも、15分~20分程度あれば十分過ぎるくらいです。

さらに、継続的に運動をするのではなく、数分動くことを繰り返して1日の合計が10分程度になればいいので、運動不足についてそれほど神経質になる必要はありません。

ただし、このたった10分ですら動きたがらない猫もいますので、愛猫がそのようなタイプの場合には飼い主さんが意識的に運動に誘うようにしてあげましょう。

猫の運動不足を解消する方法

キャットタワーを置く

猫は上下運動を好みますので、自分から運動をしたくなるように高低差のあるキャットタワーを設置してあげるのがおすすめです。

お気に入りのベッドなどをキャットタワーの途中のステップに置くと、嫌でもそこに毎日登るようになり、自動的に運動をすることに繋がります。

階段の昇り降りに誘う

階段の昇り降りに誘うのも運動不足解消に繋がります。

飼い主さんが階段を使う時に、猫じゃらしなどのおもちゃで誘って一緒に昇り降りをするだけでも十分です。

走って昇り降りをする必要はなく、ただ歩いて行き来するだけでも運動になります。

直線を走らせる

部屋の端から端までや、廊下などの直線を走らせてあげるのもおすすめです。

猫の直線走りはそれほど長い距離は必要なく、ほんの2~3メートル程度でも十分です。

狩りをするような遊びを取り入れてあげると、素早く走り回る姿を見せてくれるようになります。

遊び相手を迎えてあげる

これは可能であればですが、多頭飼育の猫は運動不足になりにくいとされていますので家族を増やしてあげるのも方法の一つです。

猫同士はお互いにじゃれ合って遊びますので、おもちゃなどを用意してあげる必要もなくなります。

ただ、猫の遊び相手は必ずしも猫でなくてはいけないことはなく、猫は家族の中の誰か一人を、自分の遊び相手として認定することがあります。

家族が複数いる場合、誰を認定するのかは猫に聞かないとわかりませんが、そのような相手がいる猫はおもちゃなどなくても自分からその人に遊びをけしかけるような動きをすることがあります。

もしも自分が遊び相手として認定された場合は、なるべく誘いにのって一緒に遊んであげましょう。

一人遊びができるおもちゃを与える

飼い主さんが忙しくて遊ぶ時間が取れない時ほど、猫は構ってと要求してくるものです。

自分は構ってあげられなくても、そんな猫の気持ちを無にしないように、一人遊びのできるおもちゃを与えてみるのもおすすめです。

どうしても構う時間がない時だけ出してあげる特別なおもちゃを用意しておくと、物珍しさもあってしばらくはそれで遊んでいてくれるようになります。

猫の運動不足解消に役立つグッズ

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2

猫用電動おもちゃの中でも人気の高い商品です。

シートの下でランダムに動くおもちゃのスピードは三段階に切り替えることができますので、猫の遊び方によって設定を変えることが可能です。

おもちゃスティックは、羽が付いた物と紐が付いた物の二種類がありますので、その日の気分で違った遊びを楽しむことができます。

価格:1,882円

じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線

ビーム状に出るLEDの光を、壁や床に向けて動かすことで猫の狩り欲を刺激します。

動かし方によっては、いつもおっとりしている愛猫が驚くほど素早く動く様子が見られるかもしれません。

太陽光があまりにも強いと光が目立ちませんが、昼間でも十分遊べるだけの光量はあります。

光をジグザグと動かしながら廊下を行き来させるだけで、猫は必死で追いかけて走りますのでかなりの運動になります。

価格:2,349円

折り畳み式猫トンネル

猫は何かの陰に隠れて遊ぶのが大好きです。このトンネルは長さが120㎝ありトンネルの途中がS字にカーブしていますので、見通しが悪いのが逆に猫が気にいってくれるポイントです。

トンネルの壁には外が見える窓もついていますので、外側からおもちゃなどで誘って遊ぶこともできます。

折り畳むことができますので、使わない時にはコンパクトに収納することが可能です。

価格:1,699円

ハンモック付きキャットタワー

ゆらゆらとくつろげるハンモック・ふわふわの猫ベッド・猫パンチをして遊べるボール・爪とぎなど、猫のためにあったら嬉しいものが全て詰まったキャットタワーです。

踏み台も付いていますので、子猫のうちから利用することができます。

ここで一人遊びをするだけでも、運動不足の解消に役立ちます。

価格:5,580円

まとめ

猫も運動が必要であることと、運動不足にならない方法を紹介してきました。

猫はそんなに多くの運動は必要ありませんが、毎日少しでもいいので体を動かすような環境を整えてあげるのがおすすめです。

興味をそそられるような物があれば一人遊びも上手にできますので、猫が気に入るようなおもちゃを用意して運動不足解消に役立てましょう。