【Myキャットフード】専門家が評価するキャットフード評価サイト

猫のニオイが気になる?猫のにおいの原因と役立つ消臭グッズを紹介

記事の執筆者
yuzukei-m
愛玩動物飼養管理士・ドッグライフカウンセラー・動物介護士の資格を保有したライター。猫や犬の飼育歴は20年以上で、現在は猫5匹と犬4匹と生活をし、地域の動物愛護推進委員・保護動物ボランティアも行っています。過去にはブリーディングも行っていました。その経験を元にした情報をお届けします。

猫と一緒に生活をしていると、外出先から帰宅した時など猫のトイレの臭いが気になることがありませんか?

掃除をこまめにしているつもりなのに、なぜかこもっているような嫌な臭いがすることがあります。

そこで、どうしても気になってしまう猫のトイレを上手に掃除する方法と、トイレ以外にも使える便利な消臭グッズを紹介していきます。

猫のオシッコってどうして臭うの?

猫の祖先たちは、もともと水が豊富ではない砂漠のような環境で生活をしていましたので、体内に含んだ水分を確保し続けることはとても大切なことでした。

そのため、猫は自然と排泄する水分を極力少なくするようになっていきました。

現在の猫もその体質がそのまま残っていますので、排泄する時のオシッコは水分が少なくて濃度が濃いものとなり、その分臭いもきつくなってしまうのです。

猫のトイレ周りは意外と汚れています

トイレはこまめに掃除をしているはずなのに、なぜか臭いが残っているように感じることはありませんか?

トイレの中の排泄物や、シートやチップのチェックをこまめに行っていたとしても、実はトイレの周辺は意外と汚れが残っていて、その汚れが臭いの原因となっていることがあります。

トイレ周辺の床汚れ

猫はトイレを使用した後に、排泄物の周りを掘って隠そうとする習慣があります。

その時に、排泄物にうっかり足が触れてしまうことも多々あるでしょう。その足でトイレから出るのですから、最初の1歩を踏み出した箇所は排泄物の汚れが付いてしまう可能性が高いです。

1回の汚れは極少量で見た目には分からなくても、それが毎日のこととなれば汚れも臭いも蓄積されていきます。

フード付きトイレの内側は要注意

排泄物の臭いが部屋中に充満しないような工夫がされている、フード付きのトイレは人気が高い商品です。

でも、このフードの内側にも汚れはかなり付着しています

飛び散ったオシッコや、猫が掘った砂やチップがぶつかるたびに少しずつ汚れが付いていきます。そして、最も汚れが付いている場所が、トイレ本体とフタの境目です。

この二つの箇所の汚れが残ったままだと、それがだんだんと臭いの原因となっていきます。

臭いの元はトイレ以外にもあります

猫の気になる臭いというと、どうしてもトイレにばかり気がいってしまいますが、猫が普段生活をしているベッドやケージも臭いの元となっている場合があります。

猫はグルーミングをする習慣がありますが、その唾液や皮脂などで毎日使用しているベッドなどは意外と汚れています。

それらが臭いの原因となっていることもありますので、定期的に洗濯をしたり掃除をしたりするようにしましょう。

猫の臭い対策に役立つグッズ

猫との生活で気になってしまう臭い対策に役立つ消臭関連グッズを紹介していきましょう。

除菌効果抜群の「次亜塩素酸水」


商品名:次亜塩素酸水
参考価格:1,240円(3ℓ、詰め替えボトル付き)

「次亜塩素酸水」という名前だけ聞くと、猫の体に害はないの?と気になってしまうかもしれませんが、実は水と塩だけで製造された安全な除菌消臭剤です。

使用した時にはほのかに漂白剤のような香りがしますが、猫が舐めてしまっても健康に問題はありません。

トイレ掃除だけでなく食器周りやケージなど、さまざまな場所で便利に使用できます。

臭いの元に働きかける「カンファペット」

カンファペット
商品名:カンファペット
参考価格:1,520円(300ml、ボトル入り)

大手食品工場でも使用されている消臭除菌剤のカンファペットは、臭いに香りをかぶせてごまかすのではなく臭いの元に直接噴射することで、臭い物質を分解し、さらに変質をさせて消臭をします

猫のトイレ周辺の掃除に使用することで、臭いの原因を分解してくれますので臭いが気にならなくなっていきます。

トイレ以外にも、室内の布製品などにも使用できます。

脱臭効果のある猫用システムトイレ


商品名:炭の消臭シート
参考価格:801円(20枚入り)

根本的に脱臭効果のあるトイレを使用してもらうのも、臭い対策には有効です。

固まるタイプの猫砂を利用しているトイレよりも、各社から出ているシステムトイレの方が、特にオシッコをした後の臭い対策には効果があります。

さらに、システムトイレで使用するチップやシートについても、脱臭効果の高いものを使用するとより高い効果を得ることができます。

臭いが漏れない排泄物用ビニール袋


商品名:うんちが臭わない袋
参考価格:1,512円(200枚入り)

猫の排泄物は、トイレに流せない場合にはビニールなどに入れてゴミに出すと思いますが、袋を二重にするなどの工夫をしても臭いが漏れてしまいます。

排泄物専用のゴミ箱を用意しても、ゴミ箱自体に臭いが染みついて使っているうちに開閉するだけで臭ってくるようになってしまいます。

そんな時には、排泄物を入れて縛るだけで、臭いが外に漏れないビニール袋を使用するのがおすすめです。

透明ではなく中身が見えないブルーの袋になっているため、ゴミを捨てた時に人目に付いても周りの方を不快にさせることがありません。

まとめ

猫のトイレが臭ってしまう原因や、猫との生活の中で役立つ消臭グッズを紹介してきました。

消臭用のグッズはさまざまなものが販売されていますので、どれがいいのか迷ってしまうとは思いますが、臭い対策をする場合には、まずは臭いの原因を突き止めてそこを清潔に保つのが基本となります。

また、臭いを消すために香りが強いものを使用するのは逆効果になってしまう場合がありますので、気を付けるようにしましょう。