【Myキャットフード】専門家が評価するキャットフード評価サイト

カナガンキャットフードの成分は安心?成分からわかる品質の良し悪しを紹介

原材料や製造にもこだわり、品質が高いと人気のカナガンキャットフードですが、実際に愛猫に与えるとなると、成分やカロリーなどが気になりますよね。

そこで、カナガンキャットフードの成分やカロリーを、他のキャットフードと比較しながら品質の違いを調べてみました。

カナガンキャットフードの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

カナガンキャットフードの成分を調査

ブルー(運営者)

まずは、カナガンキャットフードの成分値を見てみましょう。

カナガンキャットフードの成分

粗タンパク質 1日の給餌量
粗タンパク質 37%
脂質㎏ 20%
粗繊維 1.5%
粗灰分 8.5%
水分 7%
オメガ6 2.99%
オメガ3 0.82%
リン 1.4%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.8%

ゆうゆ

この成分値にはどういった意味があるのですか?

ブルー(運営者)

それでは、成分の項目ごとに詳しく解説していきますね。

粗タンパク質

猫にとって最も重要といえる栄養素が、このタンパク質です。

肉食動物である猫は、丈夫な体を作りや健康維持をしていくために、タンパク質を十分に摂取する必要があります。

一般的に、キャットフードに含まれるタンパク質は、26%以上であれば高タンパクと言われていますので、37%のカナガンキャットフードはかなり高タンパクなキャットフードであると言えます。

脂質

脂質は、猫が元気で活発に活動するためのエネルギー源となる成分です。

ただし、あまり運動をしないタイプの猫は、脂質がエネルギーとして消化されず、体内に蓄積されて肥満気味になってしまうことがあります。

運動量が少ない猫やシニア猫に脂質の多いキャットフードを与えるのであれば、体重の増加に気を配る必要があります。

キャットフードに含まれる脂質は、一般的な平均値が18~20%となっています。

カナガンキャットフードの脂質は20%ですので、平均値であると言えます。

粗繊維

食物繊維のことを、成分表では粗繊維と表記します。

食物繊維は穀物に多く含まれていますので、グレインフリーのキャットフードだと粗繊維は3%前後と少ない数値であることが多いです。

カナガンキャットフードもグレインフリーですので1.5%と低い数値になっていますが、特に気にする必要はありません。

粗灰分

キャットフードに含まれる様々なミネラル分を、粗灰分として表記しています。

表記されている数値は全てのミネラルを合わせた数値となり、キャットフードは10%以下が望ましいとされています。

カナガンキャットフードでは8.5%となっていますので、問題ない数値だと言えます。

水分

ドライフードは、含まれる水分量が10%以下であることが定義されています。

カナガンキャットフードの水分は7%ですので、問題ありません。

オメガ6・オメガ3

猫に必要な必須脂肪酸であるオメガ6とオメガ3は、使用されている原材料との配合バランスが重要となります。

そのため平均値などは特に存在はせず、含まれていること自体が好ましいと判断できるものです。

リン

ミネラル成分の一種であるリンは、血液中のカルシウムと結合して、肉や骨を作る成分となります。

多くのプレミアムキャットフードに含まれるリンの平均値が1~1.5%です。

カナガンキャットフードの数値は1.4%で平均値内なので、問題ないと判断できます。

マグネシウム

マグネシウムはリンと同じくミネラル成分の一種で、カルシウムと結び付いて骨を作る手助けをします。

マグネシウムの量が多すぎると健康にあまり良くない影響をもたらす可能性がありますが、0.1%以下であれば問題ない数値とされています。

カナガンキャットフードに含まれるマグネシウムの数値は0.09%ですので、適切な量であると言えます。

ナトリウム

ナトリウムとは塩分です。塩分も猫にとっては必要不可欠な成分です。

ただし、摂取する量は少量で、特に持病などがない場合は0.4~0.8%が最適値とされています。

カナガンキャットフードに含まれるナトリウムは0.8%ですので、最適値内で問題ないと判断できます。

ゆうゆ

カナガンキャットフードの成分数値は、適切だと判断できるものばかりで、バランス良く作られたキャットフードであると判断してもいいですね。

カナガンキャットフードの品質を原材料から調査

ブルー(運営者)

次に、使われている原材料から品質をチェックしてみましょう。

新鮮な平飼いチキンをふんだんに使用

カナガンキャットフードの主原料は、のびのびと地面で放し飼いされた新鮮なイギリス産の平飼いチキンを使用しています。

原材料の60%以上にこの平飼いチキンが使用されているので、高タンパク質のキャットフードに仕上がっているのです。

人工的な添加物不使用

カナガンキャットフードでは、人工添加物である保存料・着色料・香料は使用していません。

自然なものを与えたいと考えている飼い主さんにはうれしいですね。

穀物不使用のグレインフリー

肉食動物である猫は、小麦やトウモロコシなどの穀物を消化吸収することが苦手ですので、カナガンキャットフードでは穀物が使われていません。

その代わりに、消化が良い良質な炭水化物としてサツマイモを使用しています。

サツマイモはビタミンAやビタミンCを多く含むだけでなく、可溶性繊維が体内の余分なコレステロールを排出してくれるという役割もあります。

タウリンを配合

タウリンは猫の体に必要な必須アミノ酸ではありますが、猫は体内でタウリンを生成することができませんので、食事やサプリメントで摂取をするしか方法がありません。

カナガンキャットフードには、タウリンが2,200mg/kgも配合されていますので、猫の健康維持に役立ちます。

ゆうゆ

カナガンキャットフードは、使用する原材料にもこだわっているので、品質的にも安心して愛猫に与えることができますね。

カナガンキャットフードのカロリーを比較調査

ゆうゆ

カナガンキャットフードの成分と原材料についてはよく分かりましたが、カロリーはどうでしょうか?

ブルー(運営者)

では、カナガンキャットフードと特徴や品質が似ているキャットフードを例に挙げ、カロリーを比較していきましょう。

比較対象のキャットフードは、カナガンキャットフードと同様に穀物不使用であり、人工添加物不使用のものとしました。

キャットフード名 カロリー(100gあたり)
モグニャン 365kcal
シンブリー 380kcal
ジャガー 383kcal
カナガン 390kcal

現在販売されているキャットフードのカロリー平均値は、約360~410kcal/100gとされています。

カナガンキャットフードは390kcal/100gなので、今回比較対象として挙げたキャットフードのなかでは最も高い数値となっていますが、平均値内となっていますのでそれほど高カロリーではありません。

ゆうゆ

ここまでの結果をみると、カナガンキャットフードは原材料にもこだわった高品質なキャットフードであると判断できますね。猫もきっと喜んで食べてくれそうです。

ブルー(運営者)

そうですね。ただ、どんなに品質の良いキャットフードであっても、猫にも好みがありますので必ず喜んで食べてくれるとは限りません。まずは一度試してみるのがおすすめです。

カナガンキャットフードをお得に試す方法

ブルー(運営者)

カナガンキャットフードは、1袋から割引価格でお得に購入できるサービスがありますので、そちらを利用して試してみるのがいいかもしれません。

ゆうゆ

お得に割引価格で購入する方法があるのですか?ぜひ教えてください。

公式サイトの定期コースを利用

カナガンキャットフードは、必要な時にその都度購入する通常購入と定期的にフードが送られてくる定期コースの2種類の方法で購入できます。

定期コースを利用すると、通常1袋3,960円(税抜)の商品が最大20%割引になるのです。

  • 10%割引 1袋購入した場合に適用(3,960円⇒3,564円)
  • 15%割引 2~5袋購入した場合に適用(3,960円⇒3,366円)
  • 20%割引 6袋以上購入した場合に適用(3,960円⇒3,168円)

 

また、1度に3袋以上購入すれば、通常は640円かかる送料が無料になり、さらにお得に購入できます。

定期コースとは?

ゆうゆ

ただ、定期購入となると少し不安です…。

ブルー(運営者)

カナガンキャットフードの定期コースはそんな方にも安心しておすすめできます。

カナガンキャットフードの定期コースは、1袋から割引価格で購入することができるだけでなく、利用回数の決まりがありませんので気軽に利用することができます。

便利なポイントは次の通りです。

  • 注文袋数は1袋から自由に決めることができる
  • 配送周期は1~13週の間で自由に決めることができる
  • 注文数や配送周期は途中で変更をすることができる
  • 配送を一時休止することができる
  • 1回の利用のみで次回より解約をすることができる

ただし、定期コースを解約する際は、次回配送日の7日前までに連絡をしなくてはいけませんので、その点だけ注意するようにしてください。

 

ゆうゆ

定期コースなのに1回だけの利用でも良いのですね。それなら1袋試してみたいという時にも利用しやすいです。

ブルー(運営者)

最初は1袋だけ購入して、気に入れば袋数を増やすこともできますので、まずは食い付きをチェックしてみてください。

まとめ

今回はカナガンキャットフードの成分やカロリーを詳しく紹介してきました。

カナガンキャットフードは、成分数値や原材料から判断しても、安心して愛猫に与えることのできるキャットフードだということがわかりました。

購入する際は、公式サイトから定期コースへ申し込めば1袋から割引価格で購入することができます。

定期コースといっても期間や回数の縛りがないため、初めて利用する方にもおすすめです。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。