【Myキャットフード】専門家が評価するキャットフード評価サイト

ファインペッツ キャットフードの口コミや品質をレポート!最安値やコスパも調査

ファインペッツは、ペット先進国・カナダで評価を得ているTLCペットフード社のレシピを元に、日本の会社が立ち上げたペットフードブランドです。

給餌量を調整することで、全ての猫に合うキャットフードというコンセプトで作られており、商品ラインナップは1種類しかありません。

公式サイトには「最高品質で安全安心」という言葉が記載されていますが、どの程度のものなのか気になりますよね。

そこで今回は、ファインペッツの品質・価格・口コミ情報などを紹介していきます。

ファインペッツキャットフードの特徴

ブルー(運営者)

それでは、まずはファインペッツの特徴を紹介していきます。

原材料は人が食べられるものだけを使用

ファインペッツは、猫の健康を一番に考えたキャットフードで、原材料は全て人が食べられるレベルのものだけを使用しています。

肉類の副産物はもちろん、貴金属類や残留農薬が混入したものや放射性物質に汚染されたものは一切使用をしていません。

大切な愛猫が毎日食べるキャットフードですから、どのようなものを使用して作られているのかを飼い主さんに100%しっかりと理解してもらうため、パッケージには全ての原材料をきちんと表記しています。

高い消化吸収率を誇るキャットフード

ファインペッツは消化吸収率が87%と大変高く、一般的なキャットフードと比較しても倍以上の数値となっています。

消化吸収率が高いということは、少ない給餌量でも充分な栄養素が摂取できるということです。

別のキャットフードからファインペッツに切り替えた場合、同じ量を給餌してしまうと肥満傾向になってしまう恐れがあるため注意しましょう。

化学合成された気になる添加物は不使用

ファインペッツは製造過程において、化学合成された酸化防止剤や防腐剤、着色料、香料といったものは使用せずに、天然由来のもので代用されています。

自信をもって「安心安全なキャットフード」と明言できる理由は、このような点にも起因しています。

中国産の原材料は不使用

ファインペッツは品質管理の観点を考慮し、中国産の原材料は一切使用していません。

公式サイトを確認すると、今後も中国産の原材料を使用する予定はないとの記載があるため、愛猫にも安心して与えることができます。

ゆうゆ

ファインペッツは徹底したこだわりがあるキャットフードなのですね。それに消化吸収率が87%と高いことにも驚きました。

ブルー(運営者)

食べたキャットフードのほとんどが栄養素として吸収されるのは、少食の猫にとって大変嬉しいことです。

ファインペッツの原材料と成分を分析

キャットフードを選ぶ時に一番チェックしてもらいたいのが原材料と成分値です。

パッケージに記載されている項目を確認すれば、どんなキャットフードであるかがある程度わかるようになっています。

ファインペッツの原材料と成分の一覧をチェックし、どのような特徴があるかを確認してみましょう。

ファインペッツの原材料をチェックしてみました

ブルー(運営者)

ファインペッツに使用している原材料を紹介しながら、他のキャットフードの状況などにも触れていきます。

主原料はアヒル肉とニシン

ファインペッツは主原料にフランス産のアヒル肉とオランダ産のニシンを使用しているほか、鶏肉や鶏肉のレバーなどの肉類も使用しています。

2016年11月に4年ぶりにレシピがリニューアルされ、それを機に肉類の割合が70%から85%になりました。

肉類の割合が増えたことで、肉食動物である猫が消化しやすく体に負担がかからないキャットフードになっています。

ゆうゆ

主原料にアヒル肉やニシンを使ったキャットフードはなかなか無いですよね。

ブルー(運営者)

そうですね。アヒル肉とニシンには次のような栄養素が含まれています。
アヒル肉:鉄分、ビタミンB群、不飽和脂肪酸
ニシン:DHA、EPA、カルシウム、マグネシウム、リン

アヒル肉に含まれる鉄分は鶏肉の6倍、ビタミンB群は4倍も含まれています。

さらに、ニシンは白身魚と比較するとヒスチジンというアミノ酸が少ないために、アレルギーになりにくい食材であるという説もあります。

全粒米を使用

ファインペッツでは、小麦やトウモロコシなどの穀物類は使用していませんが、全粒米を使用していますので、グレインフリーではありません

個体差はありますが、全粒米は小麦やトウモロコシなどと比較するとアレルギーの原因になりにくいとされています。

穀物の消化は猫の胃腸に負担がかかることがあるのでなるべく避けたい食材ですが、ファインペッツは使われている肉の量と比較すると少量であることと、消化吸収率が87%とかなり高いことからみて、それほど心配しなくても良いでしょう。

栄養価の高いフラックスシードを配合

ファインペッツの原材料に含まれているフラックスシードとは、日本で亜麻仁(アマニ)と呼ばれている植物の種の一種になります。

健康に良いとメディアで取り上げられたことで、一時期は健康志向の人たちの間でブームを起こしたほどです。

ブルー(運営者)

フラックスシードには次のような栄養素が含まれています。
  • αリノレン酸:猫の体内では生成されない必須脂肪酸
  • 植物性リグナン:ポリフェノールの一種で、高い抗酸化力を持つ
  • 食物繊維:5大栄養素のひとつで猫にとって重要な成分

フラックスシードは栄養価が非常に高く、キャットフードに使われることが徐々に増えてきています。

ただし、価格が高価であるため、使用されているのはプレミアムキャットフードと呼ばれているものばかりです。

腸内環境を整えるプロバイオティクスを配合

ファインペッツには、プロバイオティクス(善玉菌)マンガンオリゴ糖が配合されています。

善玉菌は基本的にサプリメントなどから摂取しますが、ファインペッツは原材料に含まれているため、別途サプリメントを与える必要がありません。

プロバイオティクスは、プレミアムキャットフードとされているものには配合されていることが多いです。

ゆうゆ

ファインペッツは、少し高価ですが猫の体に良いものが使われているのですね。

ファインペッツの成分をチェックしてみました

ブルー(運営者)

次にファインペッツの成分数値を紹介します。合わせて他のキャットフードに含まれている成分の平均値も見てみましょう。

猫が喜ぶ高タンパク質

ファインペッツに含まれるタンパク質の数値は32%となっています。

タンパク質数値が26%以上であれば高タンパク質なキャットフードと判断されるため、ファインペッツも高タンパク質なキャットフードであると言えます。

これは、アヒル肉やニシンなどの動物性タンパク質を全体の85%と豊富に使用していることが理由としてあげられます。

猫にとって、タンパク質は体の形成や健康維持に最も重要な栄養素です。

特に、子猫や成長期の猫には高タンパク質のキャットフードを与えることが理想的でしょう。

ゆうゆ

ホームセンターやペットショップで市販されているキャットフードでも、高タンパク質と言われているものがありますが、比較するとどうでしょうか?

ブルー(運営者)

それでは参考として、有名なキャットフードの数値を紹介します。
  • カルカンまぐろ:28.0%
  • キャラットミックス まぐろ仕立の味わいブレンド:27.0%以上
  • ねこ元気ミックス:30.0%以上
  • サイエンス・ダイエット アダルト:33.7%

ゆうゆ

どのキャットフードも26%以上で高タンパク質ですが、ファインペッツはそのなかでも高タンパクであることが分かります。

必須脂肪酸であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸

猫にとって重要な必須脂肪酸であるオメガ6脂肪酸オメガ3脂肪酸ですが、残念ながらこれらは猫の体内で生成することができません。

そのため、毎日の食事やサプリメントなどで摂り入れる必要があります。

キャットフードにこの2つをバランスよく配合しているものは少なく、オメガ6脂肪酸だけ配合されていたり、2つが配合しているけれどその数値が全く記載されていなかったりする場合があります。

その点ファインペッツでは、両方の数値を明確に記載しています。

  • オメガ6脂肪酸:3.4%
  • オメガ3脂肪酸:0.4%

比率バランスについては諸説あるのですが、オメガ3を1とすると、オメガ6は5~10程度であれば適切だとされていますので、ファインペッツの数値は適切な数値であると判断できます。

天然由来のビタミン・ミネラルのみを使用

ファインペッツには、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンE・葉酸など、多くのビタミン類やミネラル成分が配合されています。

配合されているビタミンやミネラルは、全て天然由来のものであり、人間に使用されるものと同レベルのものだけを使っています。

ファインペッツの販売場所と最安値の購入方法

ゆうゆ

ファインペッツの特徴を聞いて購入したいと思ったのですが、どこで購入したら良いのでしょうか?

ブルー(運営者)

それでは、ファインペッツの販売場所や価格などについて紹介します。

ファインペッツが購入できる店舗や通販サイト

ファインペッツを購入できる通販サイトは以下の通りです。

  • ファインペッツ公式サイト
  • メルカリ
  • ヤフオク

ファインペッツは、ホームセンターやペットショップなど、店頭販売を行っていないだけでなく、大手通販サイトのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングでも現在は取り扱いがありません。

インターネットでしか購入できず販売店も少ないことから不便に感じるかもしれませんが、通販を利用すると自宅にいながらキャットフードの注文ができるだけでなく、重たいフードを店頭まで買いに行く手間がなくなります。

ファインペッツ公式サイトの価格

ブルー(運営者)

まずは、ファインペッツ公式サイトでの販売価格とお得な定期便について紹介します。

ファインペッツ公式サイトでの通常価格は1袋3,429円(税抜)となっています。

通常価格とは、必要な時に必要な袋数をその都度購入する時の価格で、割引制度などは特にありません。

ファインペッツの公式サイトには、通常購入以外にお得な割引価格で購入することができる定期便という方法があります。

ブルー(運営者)

ファインペッツの定期便は、「オートシッププログラム」といって購入回数が増えるほどお得に購入することができるシステムとなっています。

オートシッププログラムの割引率

ゆうゆ

オートシッププログラムについて教えてください。

オートシッププログラムは、定期便を利用した回数をカウントして割引されるシステムとなりますので、定期便を利用する前に購入した回数や、通常購入を利用した場合の回数は反映されません。

オートシップを利用した回数に応じての割引額
・1~9回利用 210円割引(3,429円⇒3,219円)
・10回目以降  10%割引(3,429円⇒3,086円)

10回目以降は、常に10%割引が適用されるようになります。

さらに、20回目・30回目・50回目・100回目など節目の回には、次のような特別割引が適用されます。

  • 20回目 20%割引(3,429円⇒2,743円)
  • 30回目 30%割引(3,429円⇒2,400円)
  • 50回目 50%割引(3,429円⇒1,714円)
  • 100回目 100%割引(3,429円⇒0円)

ゆうゆ

100回目に無料になるというのは驚きです!

ただし節目の割引については、その時限りのサービスとなります。

例えば20回目には20%割引が適用されますが、21~29回目は10%割引となりますので、その点だけ間違えないようにしてください。

オートシッププログラムの仕組み

ゆうゆ

オートシッププログラムはとてもお得なサービスですが、仕組みや制約などはあるのでしょうか?

ブルー(運営者)

では、オートシッププログラムの仕組みと注意点について紹介します。

オートシッププログラムの配送周期は、最短7日~最長90日の間で希望の配送周期を設定することができます。

注文数は、愛猫の食べるペースに合わせた数量で問題ありません。

また、1回の注文で3kg以上注文した場合は送料が無料です。

ファインペッツは1袋が1.5kg入りとなりますので、1回に2袋を注文すれば送料は無料になるということです。

利用途中での解約、配送周期の変更、注文袋数の変更などはいつでも可能で、解約や変更の際に手数料は一切必要ありません。

ただし、解約や変更は次回配送予定日の5日前までに連絡をする必要があります。

5日前を過ぎてしまうと、手続きは次々回分から適用される仕組みとなりますのでご注意ください。

ゆうゆ

配送周期が週単位や月単位ではなく、日数単位で設定できると愛猫の食べるペースに合わせてより最適な周期で配送してもらえるので便利ですね。

ファインペッツの最安値で購入する方法

ブルー(運営者)

ファインペッツはどこで購入するのが最安値なのか、公式サイトの価格とそれ以外での販売価格を比較してみましょう。

ファインペッツの販売価格をまとめました。

販売元 販売価格
公式サイト(通常購入) 3,429円
公式サイト(1~9回目) 3,219円
公式サイト(10回目以降) 3,086円
メルカリ 3,000~3,600円
ヤフオク 3,000円

メルカリとヤフオクの販売価格については、調査した時点で出品されていた価格となります。

タイミング次第では、公式サイトを利用するよりもメルカリやヤフオクで購入する方が最安値で購入できることがあります。

ただし、個人出品サイトは常にその価格で購入できるわけではありませんし、どのような状況で保管していたのかも不明なため、必ず安全であるとは言い切れません

公式サイトの定期便を利用すれば、利用回数の節目ごとに特別値引きがありますし、1回に2袋購入すれば送料も無料となりますので、継続利用をしていくのであれば公式サイトの定期便を利用するのが最安値で安定して購入できると言えます。

ゆうゆ

定期便は節目回数ごとの割引率が大きいので、トータル的にみるとお得ですね。

ブルー(運営者)

そうですね。それにキャットフードは大切な愛猫が毎日食べるものですから、数百円の差であれば安心できるところから購入するのがおすすめだと思います。

初めての方はファインペッツの「お試しパック」がおすすめ

ゆうゆ

ただ、いきなり定期便に申し込むのは不安です。

ブルー(運営者)

そんな方のために、初めてファインペッツを購入する方は初回に限りかなりお得な価格で1袋を試すことのできる「お試しパック」というものがあります。

初回限定の「お試しパック」は、ファインペッツを初めて注文する方だけが利用できるサービスで、1袋3,429円(税抜)の通常商品と同じものを、1,000円(税抜)で試すことができます。

ブルー(運営者)

初回お試しパックを利用する際は、いくつか注意点があります。
  • お試しパックの利用は初回限定
  • 1世帯につき1回限り(名前が別でも同一住所の場合は1世帯となります)
  • 初回購入時は代金引換便が利用できませんので、支払はクレジットカード払いのみ

ゆうゆ

ファインペッツが約70%引きで購入できるのはすごいですね。これだけお得な価格で購入できるのであれば、初めての方も1袋試してみようという気持ちになりやすいでしょう。

コスパは良いの?給餌量から計算したファインペッツの1ヵ月の価格

ブルー(運営者)

次に、ファインペッツを愛猫に給餌する場合、1日の給餌量を参考に1ヶ月のコストを算出してみました。

子猫に与える場合の1ヶ月のコスパ

体重 1日の給餌量 1袋の消費日数 1ヶ月のコスト
2㎏ 33g 約45日 2,124円
3㎏ 49g 約30日 3,154円
4㎏ 66g 約22日 4,249円
5㎏ 75g 約20日 4,828円

1ヶ月のコスパを計算するのに使用した価格は、定期便1~9回目までに適用される210円割引の価格で計算していますので、継続利用をするのであればさらにコストを抑えることが可能です。

成長期の子猫は成猫よりも給餌量が多くなりますので、その分コストも多くなりますが生後1年前後までとなります。

また、子猫とは生後1年までの猫を想定していますが、避妊や去勢手術を行った猫はそこからは成猫としての給餌量に切り替え、徐々に量を調整していくようにしましょう。

ファインペッツの給餌量の算出方法は、子猫でも月齢によるものではなく体重を基準として計算し、成猫に与える量の1.5倍の量を推進しています。

成猫に与える場合の1ヶ月のコスパ

体重 1日の給餌量 1袋の消費日数 1ヶ月のコスト
2㎏ 22g 約68日 1,416円
3㎏ 33g 約45日 2,124円
4㎏ 44g 約34日 2,832円
5㎏ 50g 約30日 3,219円

成猫のコスト計算にも、定期便1~9回目までに適用される210円割引の価格で計算していますので、継続利用をするのであればさらにコストを抑えることが可能です。

シニア猫に与えるときは、体重の管理を行いながら上記の量から約20%程度少なくした量を与えると良いでしょう。

ただし猫にも個体差があり、ここで紹介した給餌量はあくまでも体重別の平均給餌量ですので、便の様子や体重チェックを行いながら量を調整してください。

ファインペッツは他のキャットフードより高いの?

ゆうゆ

ファインペッツと特徴が似ているキャットフードと比較した場合、ファインペッツはコスパが悪いのでしょうか?

ブルー(運営者)

それでは、ファインペッツと類似しているキャットフードの価格と比較してみましょう。
キャットフード 内容量 価格 1kgあたりの価格
ファインペッツ 1.5kg 3,429円 2,286円
ねこはぐ 1.5kg 6,980円 4,653円
ねこひかり 500g 2,296円 4,592円
ジャガー 1.5kg 4,280円 2,853円
カナガン 1.5kg 3,960円 2,640円
モグニャン 1.5kg 3,960円 2,640円
シンプリー 1.5kg 3,960円 2,640円

それぞれのキャットフードによって割引価格が異なりますので、比較には公式サイトに記載されている通常価格となります。

原材料がヒューマングレードであり、無添加のキャットフードと比較した結果、ファインペッツはそのなかで最も安いことが分かりました。

ファインペッツの悪評が気になる!口コミ評判を調査

ここまで、ファインペッツの原材料や成分、コストなどについて紹介してきました。
購入を検討している方にとっては、実際に愛猫に与えた時の食い付きや反応が気になるのはないでしょうか?

そこで、ファインペッツを購入した方の口コミ情報についても調査を行いました。

口コミ情報で特に目立った感想は「喜んで食べてくれた」というものでしたが、その他の口コミについても詳しく紹介していきます。

ブルー(運営者)

悪い口コミと良い口コミを調査した結果は次の通りです。

ファインペッツの悪い口コミ(悪評)

Twitterやインスタなどを含め、ファインペッツに関しての口コミを調査した結果、他のキャットフードの口コミで確認できるような「食べてくれなかった・体質に合わなかった」などの、悪い印象を持った口コミについては現時点で確認することができませんでした。

ファインペッツの良い口コミ

ファインペッツを購入して、良い感想を持った方の口コミです。

食い付きが良いという口コミ

口コミ1:お試しで購入したのですが、少しだけお皿に入れてみたらあっという間に完食。その後も喜んで食べてくれています。

口コミ2:ドライフート選びにいつも悩んでいたのですが、ファインペッツに切り替えたら喜んで食べてくれました。切り替えて良かったです。

口コミ3:食べムラが激しくて困っていたのですが、ファインペッツをすすめられて変えてみたら食い付きが良かったです。

口コミ調査を行ったところ、「よく食べてくれた」というものが最も多く確認できました。

ファインペッツは、人間が食べられるレベルの厳選した原材料だけを使い、そのなかでも良質な肉や魚を豊富に使用しています。

そのため、猫が喜んで食べる高タンパク質のキャットフードに仕上がっていますので、そのような点が食い付きの良さに繋がっているのかもしれません。

安心して与えられるという口コミ

口コミ1:獣医さんにすすめられて切り替えました。ちょっと値段が高めですが、何かあって通院することを考えたら安いです。ヒューマングレードの原材料や無添加な点も安心できます。

口コミ2:良質なキャットフードなので安心して与えています。ただ、少しカロリーが高いのであげる量は気を付けています。

ファインペッツは「世界最高品質と安心安全」をモットーに、原材料にこだわるだけでなく、化学合成された酸化防止剤や防腐剤を使用していません。

カロリー表示は少し高めとなっていますが、パッケージに記載されている給餌量を参考に与えれば、カロリー過多になるようなことはありません。

ファインペッツの口コミまとめ

ブルー(運営者)

ここまで紹介して口コミをまとめてみました。

ファインペッツの良い口コミまとめ

  • あっという間に完食するほど喜んで食べています
  • 食べムラがあって困っていたのですが、ファインペッツに変えてからよく食べています
  • 獣医さんに勧められました
  • 原材料や成分的に、安心して与えることができます

ファインペッツは、肉や魚やヒューマングレードの素材を豊富に使用した高タンパク質のキャットフードです。

危険と言われている人工添加物を使用していないことから、愛猫にも安心して与えることができます。

ファインペッツの悪評まとめ

今回、SNSを調査したところ悪い印象を持った口コミは確認できませんでしたが、調査を継続していく過程で何か新しい口コミを確認することができましたら、改めて紹介したいと思います。

口コミからわかるファインペッツをおすすめできる方

ゆうゆ

ファインペッツは、どんな方におすすめできるキャットフードなのでしょうか?
  • 食べムラのある猫でも食い付きが期待できるキャットフードを探している方
  • 原材料や成分が安心できるキャットフードを探している方
  • 高タンパク質のキャットフードを探している方

口コミでは食い付きが良いというものが多数確認できましたが、どんなキャットフードであっても愛猫との相性が合わないということがあります。

今回はたまたま見かけませんでしたが、「食い付きが悪い」「体調を崩してしまった」という猫も少なからずいると思います。

猫とキャットフードの相性は実際に与えてみなければ判断が難しいため、愛猫に与えてみたいと思えるキャットフードが見付かった時は、食い付きや体質に合うのかを確認するために、まずは試してみるのがおすすめです。

ブルー(運営者)

食い付きが良いけど体質に合わないということも十分考えられますので、まずは試してみることが一番です。

ファインペッツキャットフードのメリットデメリット

ブルー(運営者)

ここまで調査してきた内容を元に、ファインペッツのメリットとデメリットを詳しく紹介します。

ファインペッツキャットフードのメリット

ファインペッツを与えるメリットは次の通りです。

  • 食い付きがとても良い
  • 安心できるヒューマングレードの素材を使用している
  • オメガ6とオメガ3が配合されている
  • 便利でお得な定期便がある
  • お得な初回お試しパックがある

食い付きがとても良い

ファインペッツを購入した方が自分のSNSに書き込んだ情報を確認してみる、食い付きがとても良く喜んで食べているというものが多数確認できました。

タンパク質が32%と非常に高タンパク質のキャットフードですので、食い付きが良いのでしょう。

品質が安心できる

ファインペッツの原材料には人間が食べることのできるヒューマングレードのものを使い、製造過程において、危険な人工添加物を使用していません。

また、品質に不安がある中国産の素材が使われていない点も安心できるポイントです。

公式サイトで「世界最高品質」とうたっているほどですから、愛猫に安心して与えることのできるキャットフードだと判断できます。

オメガ6とオメガ3が配合されている

オメガ6とオメガ3は、猫にとって重要な必須脂肪酸となります。バランスよく摂取させることで、猫の健康維持に役立つ効果が期待できます。

例として、皮膚トラブルや腎臓系疾患、口内炎などが挙げられますが、猫それぞれの個体差や体質によって期待できる効果は変わってきますし、薬ではありませんので必ず効果があるというわけではありません。

便利でお得な定期便がある

公式サイトには「オートシッププログラム」という定期購入システムが用意されています。

お得な価格で購入できるだけでなく、あらかじめ必要分を計算して周期を設定しておくだけで、キャットフードの在庫がなくなりそうになると自動的に新しいものが配送されてきますので大変便利です。

定期便を利用することで、キャットフードの買い忘れはなくなりますし、重たいキャットフードを自分で買いに行く必要がなくなります。

さらに継続することで、20回目、30回目という節目の回数には、その回数に応じた特別割引が適用されるため、トータル的には非常にお得に購入することができます。

お得な初回お試しパックがある

公式サイトには、初めてファインペッツを購入する方が試しやすいように、初回お試しパックが用意されています。

お試しパックは、通常販売されているものと同じ商品が約70%割引の価格で購入することができます。

1袋は1.5kg入りとなっていますので、愛猫の食い付きや相性をじっくりと確認することができます。

ファインペッツのデメリット

次に、ファインペッツのデメリットについてまとめてみました。

  • ホームセンターなどで販売されているフードより高い
  • 販売している場所が少ない

ホームセンターなどで販売されているフードより高い

ホームセンターなどで販売されているキャットフードの価格を確認してみると、ファインペッツの半額以下のものも少なくありません。

ただし、これらは穀物が主原料であったり粗悪な原材料が使われていたりすることが多いです。

単純なグラム単価で計算した価格のみ見れば、やはり高価ではないかと感じるかもしれませんが、ファインペッツは吸収率が高く給餌量が少なくなっていますので、実際のコストパフォーマンスはそれほど高いキャットフードだとは言えません。

また、ファインペッツのようにヒューマングレードの原材料が使われた無添加キャットフードのなかでは、比較的購入しやすい価格のフードであることが分かりました。

販売している場所が少ない

ファインペッツは店頭販売をしていないだけでなく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの大手ショッピングサイトでも取り扱いがありません

メルカリやヤフオクの個人出品サイトでは、いくつか出品されているのが確認できましたが、個人取引は配送されてくるまでの商品の保管状況などに多少なりとも不安があります。

キャットフードは愛猫が毎日食べるものですから、安心した商品を安定して購入できる公式サイトがおすすめです。

また、近隣の店舗で手軽に購入することができない点を不満に感じるかもしれませんが、公式サイトの定期便を利用すると、わざわざキャットフードを買いに行く必要もなくなり、割引価格で購入することもできるので大変便利です。

ファインペッツキャットフードの購入前に気になること

ここまで、ファインペッツの特徴や口コミを紹介してきましたが、実際に購入するとなった時に飼い主さんがさらに気になる部分についても紹介していきます。

ファインペッツのカロリーは他のキャットフードを比べて高いの?

体重が気になっている猫を飼っている飼い主さんにとって、キャットフードのカロリーは必ず確認しておきたいところです。

ブルー(運営者)

ファインペッツと特徴が似ているキャットフードとカロリーを比較してみました。
キャットフード カロリー(100gあたり)
ファインペッツ 427.2kcal
モグニャン 365kcal
カナガン 390kcal
シンプリー 380kcal
ジャガー 383kcal

それぞれ、100gあたりのカロリーを比較してみました。この表を見ると、ファインペッツのカロリーはこのなかで最も高い数値であることが分かります。

また、一般的なキャットフードのカロリー数は360~410kcalが平均値とされていますので、そこから判断してもファインペッツのカロリーは高いと判断できます。

高カロリーのキャットフードだと肥満などを気にされる方もいるかもしれませんが、キャットフードを食べた時の摂取カロリーは消化吸収率によって変わってくるため、体重の管理を行いつつファインペッツのパッケージに記載してある適切な量を給餌すれば、肥満の心配は避けることができます。

他のキャットフードからファインペッツに上手に切り替える方法は?

今まで食べていたキャットフードからファインペッツへ切り替える時には、1週間から10程度の時間をかけて切り替えていく方法がおすすめです。

その際は、それまで与えていたキャットフードとファインペッツを混ぜて与えるようにしましょう。

混ぜる割合は、次の表を参考にしてください。

日数 ファインペッツ 今のキャットフード
1日目 10% 90%
2日目 20% 80%
3日目 30% 70%
4日目 40% 60%
5日目 50% 50%
6日目 60% 40%
7日目 70% 30%
8日目 80% 20%
9日目 10% 90%
10日目 100% 0%

ファインペッツは消化吸収率が高いため、給餌量が他のキャットフードと比較すると少なくなっています。

そのため、切り替え当初はその量の少なさに猫は満足しない可能性があります。

このような場合は、茹でたキャベツなどをかさ増しで足してあげてください。

また、ファインペッツへ切り替えている最中は、便の様子などを常にチェックし、体調に異変がないかなどを確認するようにしましょう。

もしも便が柔らかくなったり、体調が悪くなったりする場合は、混ぜる割合を少し戻してお腹の調子が整ってから割合を変えるのがおすすめです。

どうしても相性が悪い時は、無理に与えずにかかりつけの獣医師へ相談しましょう。

ファインペッツ公式サイトにお試しサンプルはないの?

ファインペッツにサンプル品はありません

キャットフードは、ほんの数日試しただけで良し悪しが分かる訳ではなく、最低でも3ヶ月利用することで愛猫との正確な相性が分かるとしています。

そのため、ファインペッツにはホームセンターなどで配布されているような少量のサンプル品はありませんが、初めて試す方は通常商品の1袋を1,000円(税抜)で試すことのできる「初回お試しパック」というサービスが用意されています。

通常商品を約70%割引で購入することができますので大変お得です。

ファインペッツは子猫・老猫にも与えられるの?

ファインペッツは全年齢に対応したキャットフードですので、子猫からシニア猫にまで安心して与えることができます。

公式サイトには成猫への給餌量が記載されているのですが、成長期である子猫には成猫への基本給餌量の150%を、運動量の減ってくるシニア猫には基本給餌量の80%程度を目安として、体重や便の様子をチェックしながら調整するようにしましょう。

ファインペッツは腎臓・尿路結石が気になる猫でも与えられるの?

ファインペッツに配合されているオメガ3脂肪酸は、腎臓の働きをサポートする役目が期待できると言われています。

腎臓系疾患や尿路結石に影響を及ぼすとされているのはナトリウム・マグネシウム・リンです。

ファインペッツに含まれる数値は次のようになります。

  • ナトリウム:0.4%(最適値 0.4~0.8%)
  • マグネシウム:0.06%(最適値 0.1%以下)
  • リン:0.68%(最適値 1~1.5%)

ブルー(運営者)

いずれの成分も最適値またはそれ以下ですので、問題ないと判断していいでしょう。

ただし、これらの数値は個体差がありますので、猫の体調について何か心配なことがありましたら、かかりつけの獣医さんに相談してください。

ファインペッツの販売会社は信頼できる会社なの?

ファインペッツを製造販売しているのは、株式会社エヴリワンという会社になります。

以前はTLCドッグフード有限会社という会社名で、カナダTLCペットフード社製品の輸入販売を行っていました。

ペットフードの輸入業務を行うなかで、日本人の要望に応えるためには日本人が製造に携わらなければ難しいと感じ、自社ブランド「ファインペッツ」を立ち上げました。

株式会社エヴリワンでは、TLCドッグフードのレシピはそのままに、原材料の品質などを直接確認することで最高品質かつ安全で安心なキャットフードを追求しています。

ブルー(運営者)

猫が一生食べ続けることのできる高品質なキャットフードを作るために自社ブランドを立ち上げ、徹底したこだわりで製造や品質管理を行っています。これらを踏まえると、信頼のおける会社であると判断してよいと思います。

まとめ

今回はファインペッツキャットフードについて、特徴や原材料・成分だけでなく、実際に購入した方の口コミ情報も調査してきました。

その全ての結果をみると、ファインペッツは高品質で食い付きが良く、愛猫に安心して与えることのできるキャットフードであるということが分かります。

初めてファインペッツを購入する方には、初回のみ1.5kg入りの商品を1,000円(税抜)で購入できる「お試しパック」が用意されています。

また、回数を重ねるごとにお得に購入できる「オートシップ制度」もあり、継続を検討している方にもおすすめです。

ここまでの調査を見て気になった方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?