【Myキャットフード】専門家が評価するキャットフード評価サイト

モグニャン キャットフードを専門家が調査!気になる悪評や口コミ・成分・お試し方法を紹介

モグニャンは、愛猫の食い付きと健康を最大限に考えて作られたキャットフードです。

愛猫がキャットフードをあまり食べてくれないと悩んでいる飼い主さんには、食い付きの良さを最大限に考えたという言葉は魅力的ではないでしょうか。

食い付きや品質が良いと好評のモグニャンですが、どんな原材料や成分が含まれているのか、また実際に与えた時に食べてくれるのか気になりますよね。

そこで今回は、モグニャンの品質や価格だけでなく、愛猫に与えた方の口コミ情報などを調査しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

モグニャンのポイント
  • 新鮮な原材料を使った食欲をそそる香りと味わい
  • 主原料に高品質で安全な白身魚を厳選して使用
  • 子猫からシニア猫までモグニャンだけでOK
  • モグニャン公式サイトで最安値購入できる
\最大20%オフ/
人気のモグニャンをお試しできるチャンス!

モグニャンの特徴

ゆうゆ

キャットフード比較サイトでも評価の高いモグニャンですが、どんなフードなのでしょうか?

ブルー(運営者)

それでは最初に、モグニャンの特徴を紹介していきます。

満足いく食い付きを目指して開発

モグニャンは「ペットオーナー様の願いに寄り添う」をコンセプトに、食い付きの良いキャットフードを目指して、イギリスのペットフード生産工場の専門家が何度も打合せを重ねて作られました。

原材料の選定はもちろんのこと、キャットフードの粒の固さに至るまで、細かい点にまで1つ1つ丁寧に吟味を重ね、1年以上の歳月をかけてモグニャンが開発されました。

愛猫の食欲をそそる香り

モグニャンは猫に不要なものを可能な限り省き、新鮮な原材料のおいしさをそのままに、猫の食欲をそそるような香りと味わいがするように工夫されています。

そのおかげで、猫にとって極上のキャットフードに仕上がり、一度与えれば次のごはんの時間を楽しみにしてくれるようになります。

高タンパクでグレインフリー

モグニャンは主原料に白身魚を豊富に使用しているので、猫の体にとって嬉しい高タンパク質のキャットフードになっています。

また肉食動物の猫は、小麦やトウモロコシなどの穀物の消化が苦手なことを考慮し、穀物類を使用しないグレインフリー仕様です。

子猫からシニア猫までモグニャンだけでOK

モグニャンは、全猫種・全年齢対応になっていますので、子猫からシニア猫まで生涯を通して与えることができるキャットフードです。

粒の大きさも約7mmと小さめにできていますので、どんな猫でも食べやすくなっています。

保存しやすいジッパー付きのパッケージ

モグニャンのパッケージは、おいしさをキープするのに役立つ便利なジッパー付きとなっています。

ジッパーをしっかり閉めて保管することで品質を保つ効果が期待できますので、開封後に別の容器に移す必要もなく、モグニャンの特徴でもある白身魚のおいしい香りと旨みが長続きします。

ゆうゆ

モグニャンは猫においしく食べてもらうために、とてもよく考えて作られたのが分かります。おいしさをキープできるジッパー付きのパッケージも嬉しいですね。

モグニャンの原材料と成分を分析

キャットフードを選ぶ際に重要なのが使われている原材料と成分値です。

モグニャンの原材料と成分の一覧をチェックし、どのような特徴があるのかを確認してみましょう。

モグニャンの原材料をチェックしてみました


ブルー(運営者)

他のキャットフードの原材料の状況を例にあげながら、分かりやすく紹介していきたいと思います。

主原料は新鮮な白身魚

モグニャンは、主原料に高品質で安全な白身魚を厳選して使用しています。

その量は、全体の63%を占めるほどたっぷりと使用していますので、動物性タンパク質をしっかり摂り入れることができます。

白身魚は高タンパク質でありながら低脂肪なので、非常にヘルシーな食材です。

キャットフードの主原料としてよく使用されるチキンと比較すると、アレルギーがでにくいとも言われています。

魚を主原料としているキャットフードは多くありますが、原材料の63%も使用しているキャットフードはモグニャン以外にはなかなかありません。

炭水化物源としてサツマイモを使用

モグニャンは、猫が消化しづらい小麦やトウモロコシを使用しない代わりに、良質な炭水化物源としてサツマイモが主原料に使われています。

サツマイモには食物繊維がたっぷり含まれていますので、炭水化物源を摂り入れるだけでなく、猫の健康維持に大切な成分である食物繊維も摂取することができます。

また、サツマイモは消化率が優れていながら、ゆっくりとエネルギー消費をしていきますので空腹感をあまり感じないというメリットがあります。

このような良い面が多いサツマイモは、キャットフードの原材料としてぜひ摂り入れて欲しい食材ではあるのですが、小麦やトウモロコシなどの穀物類と比較すると価格が高価となっています。

そのため、サツマイモを使用するとそれがキャットフードの価格も高くなってしまうので、なかなかサツマイモを使ったキャットフードがないのが現状です。

モグニャンは、サツマイモを使用することのメリットを考慮し、あえて使用することとしています。

新鮮な果物や野菜

モグニャンには、厳選された新鮮な果物や野菜も使用しています。

特にリンゴカボチャは、含まれている成分も含め重要な素材です。

ゆうゆ

リンゴとカボチャにはどのような成分が含まれているのですか?

ブルー(運営者)

リンゴとカボチャに含まれる成分は次の通りです。
  • リンゴ:ペクチン、クエン酸、リンゴ酸、ポリフェノール
  • カボチャ:カロテン、カリウム、食物繊維

私たちも人間も、健康を意識してこれらの成分が含まれる食品やサプリメントを摂取している人は多いのではないでしょうか。

猫も同じで、体に良いとされている成分をバランスよく摂取することで、健康維持に期待できます。

市販されているキャットフードでも野菜や果物を使用しているものは数多くありますが、モグニャンはやみくもに使用するのではなく、それぞれの素材に含まれているミネラルバランスなどを十分に考慮した上で厳選しています。

ゆうゆ

モグニャンは猫の食い付きの良さだけでなく、食材に含まれている栄養素を十分考慮した上で作られているのですね。

モグニャンの成分をチェックしてみました


ブルー(運営者)

次にモグニャンの成分について、キャットフードに含まれている成分の平均値などと比較しながら紹介していきます。

猫の体には嬉しい高タンパク質

タンパク質は、猫の体の成長や健康維持に欠かせない栄養素となっています。

どんなにおいしくて食い付きの良い食事であったとしても、タンパク質が不足していては体調不良を引き起こしてしまう可能性があります。

キャットフードに含まれるタンパク質は、26%以上の数値であれば高タンパク質であると言えますが、モグニャンは30%ですので高タンパク質なキャットフードです。

ブルー(運営者)

市販されているキャットフードも、高タンパク質であることをうたっているものが数多くありますので、それらの数値と比較してみましょう。
  • カルカンまぐろ:28.0%
  • キャラットミックス まぐろ仕立の味わいブレンド:27.0%以上
  • ねこ元気ミックス:30.0%以上
  • サイエンス・ダイエット アダルト:33.7%

イメージがしやすいように、ホームセンターやペットショップの店頭でよく見かけるキャットフードを比較対象として選びました。

ゆうゆ

どのキャットフードもタンパク質が26%以上なので、高タンパク質に分類されますが、モグニャンはこれらと比較してもタンパク質の量が多い方ですね。

カロリー・脂質ともに平均的なキャットフード

体重管理が必要な猫や太りやすい猫は、キャットフードに含まれる脂質やカロリーが気になるところです。

ブルー(運営者)

まずは、キャットフードに含まれる脂質とカロリーの平均値を紹介します。
  • 脂質の平均値 約18~20%
  • カロリーの平均値 約360~410kcal(100gあたり)

ゆうゆ

モグニャンの脂質とカロリーの数値は平均値内となりますか?

ブルー(運営者)

モグニャンの脂質とカロリーは次の通りです。
  • モグニャンの脂質 16%
  • モグニャンのカロリー 365kcal(100gあたり)

モグニャンの主原料は低脂質の白身魚ですので、脂質の数値は平均値よりも少なくなっています。

カロリーについては、平均値内ではありますがそのなかでも少ない方であると判断できます。

ただし、問題視するほど低い数値ではないでしょう。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸を配合

人間の健康維持にも良いと言われるオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸ですが、これらは体内で生成することができないため、食べ物から摂取する必要があります。

モグニャンにもこの2つの成分が含まれています。

ブルー(運営者)

モグニャンに含まれるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の数値は次の通りです。
  • オメガ6脂肪酸 1%
  • オメガ3脂肪酸 2.1%

猫の体に重要な必須脂肪酸となるオメガ6脂肪酸オメガ3脂肪酸ですが、この両方が配合されているキャットフードは意外と少ないです。

特にオメガ3は摂取しにくい成分となりますので、オメガ6のみ配合されているキャットフードが多く存在します。

また、これら2つの成分のベストバランスには諸説あり、詳しくは分かっていません。

モグニャンは食べ物から摂取しにくいオメガ3をあえて多く配合しています。

配合バランスについて諸説あるなかで、オメガ3が多いことで猫の体に支障をきたすような説もないことから、特に問題はないと判断していいでしょう。

むしろ、両方の数値をしっかりと記載していることに信頼感が持てます。

ゆうゆ

モグニャンは、成分数値からみても品質的に安心できるキャットフードであると感じました。

獣医師・フードアドバイザーのチェック

獣医師のチェック

フォロンさん獣医師
動物病院院長。小さな動物病院から大学病院の高度医療の経験を通じて得られた幅広い獣医療を生かし日々診療に従事しています。

本製品は、幼少期の猫からシニアの猫まで、オールステージに対応したキャットフードです。

原材料では、動物性タンパク質である白身魚を第一主原料に用いており、割合は63%と明記しています。このように動物性タンパク質の割合を明記しているのは、飼い主の方の視点からは親切な対応だと思います。

そのほかにタンパク源となる原材料としては、サツマイモ、エンドウ豆、ひよこ豆、レンズ豆を用いており、成分分析では粗タンパク質が30%とキャットフードとしては標準的な数値となっています。

また、穀物は使用していなグレインフリーのフードであり、猫は穀物の消化が苦手とされていますので、動物性タンパク質を豊富に使っていることも踏まえると、肉食動物である猫の消化に配慮した設計であると言えます。

そのほかにも、人工調味料や人工着色料、香料など、猫の健康にとって不要なものは添加されていません。

成分分析では、オメガ3脂肪酸が2.08%と、他のオメガ3含有のキャットフードと比較してもかなり高い割合と言えます。オメガ3脂肪酸の含有量に関しては、含有量だけでなく、オメガ6脂肪酸との割合が重要とする意見もありますが、今のところはっきりした結論はありません。(個人的には、本製品の含有量は猫の健康維持にとって役立つものと考えています。)

しかし、オメガ3やオメガ6脂肪酸は、空気や熱、光に弱く、開封後は劣化しやすくなります。本フードの酸化防止剤は天然由来のもので、人工的に合成された酸化防止剤よりも弱い(=その分、猫には安全)と考えると、開封後はなるべく早く使い切ることをお勧めします。

ペットフードアドバイザーのチェック

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業し、トリミングサロン併設のペット用品店でペットフードアドバイザーとして従事してきました。

グレインフリーのレシピは肉食動物で、穀物の消化を苦手とする猫に配慮した作りとなっています。

オールステージタイプですので、フードの変更によるストレスがなく安心して与え続けることができます。

フード量は1.5kgタイプのみで、価格は1kgあたり約2600円でプレミアムフードの平均的な価格なので、活用しやすいと考えています。

まとめ買いや定期購入で安く購入できますが、多頭飼育や大型の猫にはフードのストックが必要となります。

ジッパー付きのパッケージのため酸化を予防することが可能ですが、脱酸素剤などを活用するとより安心してフードを与えることができます。

モグニャンの販売場所と最安値の購入方法

ゆうゆ

モグニャンの原材料や成分について紹介してもらいましたが、実際にモグニャンを購入しようと思った時は、どこで買うのが最安値でしょうか?

ブルー(運営者)

それでは、モグニャンの販売場所や価格などについて説明していきます。

モグニャンが購入できる店舗や通販サイト

モグニャンを購入することができるのは次の通りです。

  • モグニャン公式サイト
  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング
  • 楽天
  • メルカリ
  • ヤフオク

モグニャンはここで挙げたサイトで購入することができますが、ホームセンターやペットショップなどの店舗で現物を確認してから購入をするということができません

モグニャンはイギリスの工場から直輸入したものを、小売業者を通さずに販売元が直接配送を行うことで、流通にかかるコストを削減しています。

さらに直接配送することで、どこへいつどのくらい商品が発送されたかを把握することができますので、購入された方から相談や問い合わせにも素早く適切な対応できるシステムです。

インターネットを通じての買物は、馴染みのない方からすると不安に感じる点があるかもしれませんが、注文方法も簡単で支払方法もいくつか選ぶことができます。

通販は自宅に居ながら注文ができて、重量のあるキャットフードを店舗で購入して持ち歩くことをしなくても玄関先まで届けてくれるので、一度利用してみると非常に便利でおすすめです。

ブルー(運営者)

いつも店頭で購入をしている方からすると、通販での購入自体を不安に感じてしまうかもしれませんが、注文方法も意外と簡単ですし、一度頼んでしまえば次からは迷うこともないので、ぜひ利用してみてください。

モグニャン公式サイトの価格

ブルー(運営者)

次にモグニャンを公式サイトで購入した場合、いくらで購入できるかを詳しく説明します。

モグニャン公式サイトでは、通常価格1袋3,960円(税抜)で販売をしています。

キャットフードがなくなるタイミングなど、必要な時に必要な分だけ購入する場合は通常価格での販売となります。

それ以外の購入方法として、お得な割引価格で購入できる定期コースがあります。

定期コースの割引率は、1回の購入合計金額や購入袋数によって変わってきます。

購入合計額 7,000円未満 7,000円以上20,000円未満 20,000円以上
割引率 10% 15% 20%
購入数 1袋 2~5袋 6袋以上
1袋単価 3,564円 3,366円 3,168円
差額 396円 594円 792円

差額は、通常価格と比較した場合の割引価格を記載しています。

配送の際にかかる送料については全国一律で640円となりますが、1回の購入合計金額が10,000円以上でしたら無料となります。

つまり、1回の購入袋数が3袋以上であれば、送料は無料になるということです。

ゆうゆ

定期コースにするだけで、1袋からお得な価格で購入できるのですね。これは継続利用していくのであれば、かなり大きな差が出てきます。

ブルー(運営者)

そうですね。定期コースは価格がお得なのはもちろんですが、飼い主さんが利用しやすい仕組みとなっています。

定期コースの仕組みを紹介

モグニャンの定期コースは、配送周期や注文袋数を愛猫の食べるペースに合わせて自分で設定することができます

  • 配送周期:1~13週の間であれば、1週間単位にて自由に設定することが可能
  • 注文袋数:愛猫の食べるペースに合わせて、1回1袋から注文できる
  • 利用回数:最低利用回数の規定などが一切ない(1回の利用のみでも可能)

一度決めた配送周期や注文数は、必要に応じて変更することも可能です。変更に伴う手数料などは一切ありませんので、ご安心ください。

また、愛猫の食べるペースが落ちて在庫が増えてきたなど、なんらかの事情で配送を止めたい時などは、一時休止をすることもできます。

ゆうゆ

定期コースと聞くと、最低利用回数や最低注文数が決められているイメージがありますが、モグニャンは違うのですね。

モグニャンは、初めて試す方にもお得な価格で購入してもらえるように、定期コースでも割引がありますし、初回のみでキャンセルができるようになっています。

まずは1袋を購入して、愛猫の食い付きや体質に合うかどうかをチェックし、もしも気に入らないようであればその時点で解約できるのも嬉しい点です。

ブルー(運営者)

定期コースは利用しやすいサービスとなっていますが、注意点もあります。

定期コース利用時の注意点

定期コースは1回の利用のみでキャンセルもできますが、その場合は次回配送予定日の7日前までに連絡をする必要があります。

この期日を過ぎると、手続きは次々回分からの対応となってしまいます。

これは、配送周期や注文数の変更をする場合も同様で、手続きに関しては次回配送予定の7日前までの連絡が基本となっています。

連絡をする際には、次の方法のなかから都合の良い方法を選んでください。

  • 定期コースを申し込んだ時に利用したマイページ
  • 公式サイトにある問い合わせフォーム
  • 公式サイトに記載されている番号に電話

ゆうゆ

どのようなものでも、手続きをする時の締め切り日というものはありますよね。モグニャンに関しては、それが次回配送予定日の7日前ということですね。

ブルー(運営者)

この期日さえ守れば、いつでもキャンセルできるので安心ですよ!

モグニャンを最安値で購入する方法は?

ブルー(運営者)

先に紹介した通販サイトと公式サイトでの購入価格を比較して最安値の調査を行いました。
販売元 販売価格
公式サイト(通常購入) 3,960円
公式サイト(10%割引) 3,564円
公式サイト(15%割引) 3,366円
公式サイト(20%割引) 3,168円
Amazon 4,600円
楽天(非公式) 5,436円
Yahoo!ショッピング(非公式) 5,209~6,464円
メルカリ(非公式) 2,900~4,900円
ヤフオク(非公式) 3,500~6,550円

公式サイト以外の通販サイトでの販売価格は、通常価格よりも高値であることが分かりました

また、メルカリやヤフオクでの購入は、タイミングによっては定期コースを利用するよりも安価で出品されていることが確認できるようです。

ただメルカリやヤフオクは個人出品となっていますので、キャットフードは個人が保管管理したものとなります。

どのような状況下で保管されていたのかまでは確認することはできず、品質に不安を感じることもあるでしょう。

ここまでの価格を踏まえると、定期コースを利用する方法が継続的に最安値で購入できるということですね。

ゆうゆ

個人出品のものは、欲しい時に必ずその価格で購入できる保証はないので、継続的に利用していくのであれば定期コースを利用するのが良いですね。

コスパは良いの?給餌量から計算したモグニャンの1ヶ月の価格

ブルー(運営者)

モグニャンを利用するとなると、1ヶ月にかかるコストも気になるのではないでしょうか?1日の給餌量を元にコスパを算出してみました。

モグニャンを子猫に与えた場合

月齢 1日の給餌量 1袋の消費日数 1ヶ月のコスパ
2ヶ月以下 42g 約35日 2,827円
2~3ヶ月 55g 約27日 3,702円
3~4ヶ月 65g 約23日 4,375円
4~6ヶ月 75g 約20日 5,049円
6~10ヶ月 85g 約17日 5,722円
10~12ヶ月 95g 約15日 6,395円

1ヶ月のコスト計算には、公式サイトの定期コースで1回3袋を注文する場合での価格を利用しています。

成長期の子猫は、1歳を迎えるまでは一生のうちで最も給餌量が多くなります。

特に生後半年から1歳になる頃までは給餌量も増えますので、それに伴いコストも高くなってしまいます。ただし、これはその期間だけです。

また、ここで紹介している1日の給餌量は、あくまで月齢別の平均値となりますので、子猫の体重などをチェックしながら量を調整する必要があり、コストも多少は変動することとなります。

ブルー(運営者)

次に成猫に与える場合を紹介しますが、成猫になると給餌量も減りますので、1歳を迎えた頃と比較するとコスパはだいぶ抑えられるようになります。

モグニャンを成猫に与えた場合

体重 1日の給餌量 1袋の消費日数 1ヶ月のコスパ
2.5㎏以下 40g 約37日 2,692円
2.5~3.5㎏ 50g 約30日 3,366円
3.5~5㎏ 62g 約23日 4,173円
5~6.5㎏ 77g 約19日 5,183円
6.5~8㎏ 97g 約15日 6,530円
8~10㎏ 120g 約12日 8,078円

成猫の1ヶ月のコスト計算にも、公式サイトの定期コースで1回に3袋注文した価格を利用しました。

この表からも分かるように、成猫の1日の給餌量を子猫と比較すると減少しています。

一般的な成猫の平均体重が5kg前後だとすると、1ヶ月で約1袋を消費することになりますので、定期コース1回の注文数を3袋とし、配送周期を12週に設定しておけばおよそこの表通りのコストということになります。

ゆうゆ

今回は1回につき3袋を購入する場合で計算していますが、注文数が増えればさらに割引率が高くなるので、配送周期を考慮すれば更にコストを抑えることができそうですね。

モグニャンは他のキャットフードより高いの?

ゆうゆ

モグニャンを最安値で購入できるのは公式サイトであることは分かりましたが、特徴や品質が似ているキャットフードと比較した場合、価格は高いのでしょうか。

ブルー(運営者)

それでは、モグニャンと品質の似ている5つのキャットフードと、価格を比較してみます。
キャットフード 内容量 価格 1kgあたりの価格
モグニャン 1.5kg 3,960円 2,640円
ねこはぐ 1.5kg 6,980円 4,653円
ねこひかり 500g 2,296円 4,592円
ジャガー 1.5kg 4,280円 2,853円
カナガン 1.5kg 3,960円 2,640円
シンプリー 1.5kg 3,960円 2,640円

それぞれのキャットフードで割引システムが異なりますので、比較する価格は公式サイトに記載されている通常販売価格を使用しています。

比較対象のキャットフードは、モグニャンと同様に人工添加物や穀物類を使用せずに作られているものばかりです。

この表から、モグニャンは特徴や品質が似ているキャットフードと比較しても、特に価格が高い訳ではないことが分かります。

ゆうゆ

モグニャンは良質なキャットフードでありながら、買いやすい価格であることが分かりますね!
\最大20%オフ/
人気のモグニャンをお試しできるチャンス!

モグニャンの実食レビュー

モグニャンを与えている愛用者さんにレビュー頂きました。

実食レビューを担当した猫ちゃん
名前:ブンちゃん(女の子)
種類:ノルウェージャンフォレストキャット
年齢:2歳

公式サイトの購入のしやすさのレビュー

以前、同じレティシアンさんの商品を注文したことがあったので、電話番号とメールアドレスの入力だけでマイページにログインすればすぐに注文できました。

はじめて購入する際も、入力ページがわかりやすいのでスマホからでも簡単に注文できます。

定期コースで申し込む場合も、初回お届け日と周期(1週間~13週間から選択)を選ぶだけで簡単ですし、いつでも休止や再開ができるのが便利ですね。

商品到着までの期間のレビュー

うちは東北地方ですが、金曜日に注文して、翌週の水曜日に届いたので、届くまでの期間は5日でした。

公式サイトでお届け日を指定する際、最短お届け日が表示されます。週末を挟まなければ最短で3日で届くようです。

モグニャンのパッケージや同封物のレビュー

モグニャン1袋と納品書、商品カタログ、定期コースのご案内、まとめ買い割引のご案内、ペット用のクリスマスディナーとおせちのご案内、なんでも封筒が同封されていました。

フードの粒の大きさや形状のレビュー

1粒が7mmくらいの円柱型で、キャットフードの中では小粒な方だと思います。

粒が不揃いなフードだとお皿に細かい粒を食べ残してしまうことがありますが、モグニャンは粒の形状が同じなので、お皿の隅に細かい粒を食べ残すことなく、最後までキレイに食べてくれました。

フードのニオイのレビュー

フードのニオイは気になりませんでした。

同じレティシアンさんの「カナガンキャットフード」に比べると、モグニャンのほうがニオイは少なめです。

白身魚がメインのフードなので、お魚っぽい香りがしますが嫌なニオイではありません。

フードの給餌量や与えやすさのレビュー

標準給餌量は、体重が2.5~3.5kgの場合、1日あたり45~55gです。

ブンちゃんは体重が2.5kgなので、1日50gを目安に、25gずつを朝と夜の2回にわけて与えています。

パッケージに猫の体重に応じた給餌量が記載されているのでわかりやすいです。

モグニャンの食いつきのレビュー

「お?これは新しいごはんかな?」

「どれどれ?」

「いただきます!」

「もぐもぐ!」

「ごちそうさま!」

パッケージを開けた途端に、興味津々で「早く早く!」と急かされました。
お皿に入れた瞬間に勢いよく食べ始め、すぐにお皿がカラに!

以前はチキン系のフードを与えていましたので、お魚が好みかどうか心配でしたが、むしろお魚味のほうが気に入ったようです。

一週間たっても食いつきはかわりません。よほど美味しいのか、毎回ごはんのときに催促してきます。

給餌後の便のニオイや状態のレビュー

健康的な便が出ます。
下痢をすることはなく、便のニオイも以前と変わりません。

以前、消化できなかったフードを吐いてしまったことがあるのですが、モグニャンは吐き出すことがなかったです。

しっかり消化できているみたいで安心です。

モグニャンを与えた感想

良かったこと

一番良いと思ったところは「フードへの食いつきのよさ」です。

ブンちゃんは今まで食べることに関して無頓着という感じだったのですが、モグニャンのパッケージを開けたときに、目の色を変えて寄ってきて驚きました。

今までにないほどの食いつきで、お皿に入れた分量をペロッと食べ終えてしまったので、かなりお気に入りなんだと思います。

正直、素材にこだわっていて、着色料や香料を加えていないフードは、猫にとって美味しくないものかと思っていましたが、この食いつきっぷりを見ると、よほど美味しいフードなのだと思います。

気になったこと

安心・安全の原料で製造されているだけあって、1袋の値段は他のキャットフードに比べると高価なほうです。

今回は試しに1袋だけ注文してみましたが、送料もかかるので、最初から定期コースで注文しておいたほうがお得だと思いました。

モグニャンキャットフードのレビューまとめ

  • 食いつきのよさが特によかった点だった
  • 安くはないフードなので定期購入がお得だった
  • 公式サイトは定期購入の停止や再開などが簡単

モグニャンの悪評が気になる!口コミ評判を調査

ここまでモグニャンの原材料・成分・価格などについて紹介してきました。

次に気になる点といえば、やはり実際にモグニャンを愛猫に与えたときの反応ではないでしょうか。

そこで、モグニャンを購入した方の感想をSNSで調査してみました。

「食い付きがよく喜んで食べてくれた」という良い感想から、「体質に合わなかった」といった感想が見受けられましたので、それぞれ紹介していきます。

モグニャンの悪い口コミ(悪評)

まずは、モグニャンを購入してあまり良くない印象を持った方の口コミです。

体質に合わなかったという悪評

口コミ1:食い付きは悪くなかったのですが、体質に合わなかったのか数日後に軟便になってしまいました。

口コミ2:しばらくは普通に食べていましたが、吐く回数が増えてしまいました。その後も食べはするのですが吐くのも止まらないので体質的に合わなかったのかもしれません。

原材料や配合される成分にまで気を配って作られたキャットフードでも、全て猫の体質に合うという訳ではありません

さらに、食い付きが良かったとしても、体質に合うか合わないかという点はまた別問題です。口コミにあるように、喜んで食べてくれるけれど軟便になるということもあるようです。

新しく与えたキャットフードを愛猫が喜んで食べていたとしても、そこで安心せずに体調のチェックは欠かさないようにしましょう。

食べてくれなかったという悪評

口コミ1:いつもチキン系のものばかりを与えていたので、たまには魚系をと思い購入したのですが、全然食べてくれませんでした。

口コミ2:最初は良かったのですが、日に日に食べなくなりそのうち全く食べてくれなくなってしまいました。好みではなかったようです。

モグニャンは主原料に白身魚をふんだんに使い、その香りやおいしさが引き立つように工夫して作られています。

魚系のキャットフードは香りが強い傾向がありますので、それが猫の好みに合わなければ食べてくれないこともあります。

猫も食に対する好みが少なからずありますので、色々なキャットフードを試して愛猫の好みを見極めてあげましょう。

モグニャンの良い口コミ

モグニャンを購入して、良い感想を持った方の口コミです。

良く食べてくれるという口コミ

口コミ1:悪い口コミもあったので、ダメなら捨てる覚悟で購入してみました。とても喜んで食べてくれているし、2ヶ月続けていますが下痢もしないし毛並みもいいです。悪い口コミもありますが、商品云々ではなく猫との相性ではないかと思います。

口コミ2:好き嫌いの激しい愛猫が喜んで食べています。成分も確認しましたが、安心して食べさせられると感じています。

口コミ3:食が細くて完食してくれることがなかなかない子だったのですが、モグニャンに変えてからはきちんと完食するようになりました。

モグニャンは、嗜好性の高いキャットフードを目指して開発されただけあって、試食会などでも93.9%の方がこのまま継続したいと回答するほど、食い付きの良さには定評があります。

口コミの調査をしていくなかでも、食い付きが良かったという口コミが最も多く確認できました。

子猫にも老猫にも安心して与えられるという口コミ

口コミ1:元々成猫に与えていたので、離乳食開始から与えています。すくすくと順調に育っています。

口コミ2:13歳の老猫に与えていますが、小粒で食べやすいみたいです。頻繁な嘔吐に悩んでいて切り替えたのですが、モグニャンにしてからは吐かなくなりました。ジッパー付きなのも嬉しいです。

モグニャンは子猫からシニア猫まで、全年齢に対応しているキャットフードになります。

年齢の違う猫を多頭飼いしている家庭でも、それぞれの年齢に合ったキャットフードを用意する必要もなく、全ての猫にモグニャンを与えられます。

また、ジッパー付きのパッケージも大変好評です。

モグニャンの口コミまとめ

ブルー(運営者)

ここまで紹介した口コミをまとめてみます。

モグニャンの良い口コミのまとめ

  • とても喜んで食べてくれる
  • 成分も安心できる
  • モグニャンに変えたらよく食べてくれた
  • 子猫の離乳食としても活用できる
  • シニア猫でも食べやすいサイズ

モグニャンは、香りと味わいを追求して作られたキャットフードだけあって、猫の食い付きがとても良いとの感想が多く確認できました。

モグニャンの悪い口コミのまとめ

  • 体質に合わなかった
  • 食べてくれなかった

モグニャンは、原材料にこだわって危険な添加物を使用せずに作られているキャットフードですが、猫の体質に合わず軟便になってしまったり吐いてしまったりというのはどうしても起凝ってしまいます。

また、キャットフードの持つ香りや粒の固さも、猫によって好みが分かれます

喜んで食べているからといって、必ずしも体質に合っているという訳でもありませんので、キャットフードを切り替えた時は愛猫の様子をよく観察するようにしましょう。

口コミからわかるモグニャンをおすすめできる方

ブルー(運営者)

モグニャンを購入した方の口コミを調査してみた結果、モグニャンは次のような方におすすめのキャットフードです。
  • 食い付きの良いキャットフードを探している方
  • 安心できる原材料を使用して作られているキャットフードを探している方
  • 猫の食が細くて困っている方
  • 子猫にも成猫にも与えられるキャットフードを探している方

自分の愛猫にはどんなキャットフードが合うのか、それは実際に与えてみないことには分かりません。

原材料や成分表などを確認して、愛猫に与えてみたいと思えるようなキャットフードが見つかった時は、まずは1袋試してみることをおすすめします。

猫の健康状態を確認しつつ、食い付きや相性などをチェックしてみましょう。

ゆうゆ

どんなに良い口コミが多くても、自分の猫の体質に合わないこともありますから、やはりまずは試してみるのが一番ですね。

モグニャンのメリットデメリット

ブルー(運営者)

ここまで色々な面からモグニャンについて紹介をしてきました。ここでモグニャンのメリットとデメリットをまとめて詳しく紹介していきます。

モグニャンのメリット

ブルー(運営者)

まずは、モグニャンのメリットについて見てみましょう。
  • 食い付きがとても良い
  • 穀物不使用のグレインフリー
  • オールステージ対応
  • 気になる添加物不使用
  • 保存がしやすいジッパー付きのパッケージ
  • 便利な定期コースがある

食い付きがとても良い

SNSに投稿された口コミを確認してみても、「食い付きが良かった・喜んで食べてくれた」という口コミをとても多く確認できました。

なかには、少食で困っていた方や好き嫌いが激しくてキャットフード選びに悩んでいた方の口コミもあり、いかにモグニャンの食い付きが良いのかが分かります。

実際レティシアンが行った試食会では、93.9%の方が愛猫の食い付きの違いに驚き、このまま継続していきたいと回答しています。

穀物不使用のグレインフリー

モグニャンは、原材料に猫が消化を苦手としている小麦やトウモロコシなどの穀物類を一切含んでいません。

近年、猫の穀物アレルギー発症率が徐々に増えてきています。

ホームセンターやペットショップで市販されているキャットフードのなかには、穀物を主原料としているものは少なくありません。

そのようなキャットフードを食べ続けた猫が、すべて穀物アレルギーになる訳ではありませんが、全く食べていない猫と比較したときに発症する可能性は明らかに高いと言えるでしょう。

人間同様に今まで問題なく食べていたのに、ある日突然穀物アレルギーを発症する猫もいます。

アレルギーを発症する可能性をできるだけ無くすためにも、離乳食が始まる時期から可能な限り穀物を排除した食事を与えるのが理想です。

オールステージ対応

全年齢対応のキャットフードであるモグニャンは、子猫からシニア猫まで年齢の違う猫にも同じものを与えることができます

ただし、それぞれの月齢や年齢、体重などによって適切な給餌量が変わってきますので、モグニャンのパッケージや公式サイトに記載されている1日の給餌量を参考に、体重の管理を行いながら調整しましょう。

気になる添加物不使用

モグニャンは、猫の体に悪い危険な人工添加物、着色料や香料、保存料などを使用していません。

キャットフードの見た目を美しく仕上げるための着色料や、嗜好性を高めるための香料は猫には不要であるとして排除しています。

これらの添加物を含んだキャットフードを与え続けることで、徐々に猫の体のなかに添加物が蓄積されていきます。

蓄積された添加物が、何かのきっかけで猫の体に悪い影響を及ぼすことがあるかもしれません。

モグニャンは季節ごとに違う食材を使っており、着色料は一切使用していないため購入した時期で粒の色が違うことがあります。

これこそ、良質な素材を使用している証であると言えるでしょう。

保存がしやすいジッパー付きのパッケージ

モグニャンのパッケージは、白身魚の香りやおいしさができるだけ長続きするようにと、ジッパーが付けられています。

ジッパーをしっかり閉めることで、開封後に別の容器に移し替える必要もなく、元のパッケージのままで保管をしておくことができます。

口コミの中にも、ジッパーが便利であるという意見もあり好評のようです。

便利な定期コースがある

公式サイト独自のサービスとして、割引価格で購入できる定期コースが用意されています。

定期コースを利用すると次のような利点が挙げられます。

  • キャットフードの買い忘れがなくなる
  • 在庫の管理をしなくてよくなる
  • 重たいキャットフードを持ち運ばなくてよくなる
  • 多忙でフードを買いに行けない時でも、必要分が自動的に配送される

定期コースということで仕組みや申込方法が複雑なのではないかと思っている方がいるかもしれませんが、モグニャンの定期コースは利用回数の縛りがありません

また、必要がないと思えばその時点で解約の手続きをすることができますので、便利さを実感するためにも一度お試しください。

モグニャンのデメリット

モグニャンのデメリットについては次の通りです。

  • 体質に合わない場合がある
  • 食べてくれないことがある
  • 市販品と比較すると若干高い
  • 店頭販売をしていない

体質に合わない場合がある

どんなに良質な原材料を厳選して、添加物などを使わずに作られたキャットフードであっても、残念ながら猫の体質に合わないということがあります。

猫もそれぞれ持って産まれた体質が違いますから、当然体に合わないキャットフードもあるでしょう。

またその逆で、愛猫の体質にぴったりなキャットフードも必ずあるはずです。

そういった製品を探すためにも、気になるキャットフードが見付かったら、ぜひ一度は試してみるようにしましょう。

食べてくれないことがある

猫にも食の好みが必ずあります。

ただし、猫は味覚そのものについてはあまり重要ではなく、キャットフードの粒の固さと香りが重要であるとされています。

その好みが合わなければ、どんなに良いキャットフードであっても残念ながら食べてくれないことがあります。

市販品と比較すると若干高い

ホームセンターやペットショップで販売されているキャットフードのなかには、モグニャンの半額以下で売られているものも少なくありません。

この価格の差は、使われている原材料や含まれている成分の違いなどが関係していると言えます。

先ほど、モグニャンと特徴や品質が似ているキャットフードの価格を紹介しましたが、それを踏まえるとモグニャンは同品質のキャットフードと比較しても特に高価という訳ではありません

店頭販売をしていない

モグニャンは公式サイトや通販サイトでのみで販売されていますので、ホームセンターやペットショップなどでの店頭販売は行っていません

直接商品を手に取って自分の目で確認をしてから購入したい方にとっては、不満や不安を感じてしまうかもしれません。

モグニャンが店頭販売をしていない理由は、流通にかかるコストを削減してそれをフードの価格に反映させるためでもあります。

高品質のキャットフードを、なるべく手頃な価格で販売するためにこのような方法をとっているのです。

初めて購入する方の不安を少しでも和らげるように、定期コースへ申し込むと初回から割引が適用されるので、成分などをみて愛猫に試してみたいと感じた方は、ぜひ一度利用してみてください。

モグニャンの購入前に気になること

ここまでモグニャンの原材料や特徴、口コミについて紹介しましたが、実際に購入するとなるとさらに気になる点がありますよね。

ブルー(運営者)

飼い主さんからの疑問で特に多いものをピックアップして解説していきます!

モグニャンのパッケージは保存しやすくなっていますか?

パッケージの上部がマジックテープのようになっていて、パッケージによくあるチャックよりも閉めやすく、部分的に閉まっていなくてフードがしっかり保存できる形式になっています。

パッケージ自体もしっかり厚みがあるアルミパックで、猫がイタズラしても破けづらいですし、しっかりと自立するので保存に便利です。

モグニャンのカロリーは他のキャットフードを比べて高いの?

ブルー(運営者)

モグニャンと同じように、無添加でグレインフリーのキャットフードとカロリーを比較してみました。
キャットフード カロリー
モグニャン 365kcal
ジャガー 383kcal
カナガン 390kcal
シンプリー 380kcal

キャットフードのカロリー平均値は、約360~410kcal/100gとされています。

モグニャンのカロリーは、平均値内ではありますがそのなかでも低カロリーです。

これは主原料の白身魚が低カロリーであることからきていますが、平均値内ですので特に問題はありません。

他のキャットフードからモグニャンに上手に切り替える方法は?

「キャットフードを切り替えた途端に、全く食べてくれなくなってしまった」という悩みをよく耳にします。

キャットフードを切り替える時は、現在食べているものを使いきってから新しいものを与え始める方が多いですが、その方法はおすすめできません。

猫は警戒心の強い動物ですから、ある日突然キャットフードが新しいものに切り替えられてしまうと、初めて見る食べ物に警戒心を抱いてしまい、食べなくなってしまいます。

他のキャットフードからモグニャンに切り替える時は、1週間~10日程度の時間をかけ、2つのキャットフードを混ぜて与えていく方法が最適です。

2つのキャットフードを混ぜる割合は次の表を参考にしてください。

日数 モグニャン 今のキャットフード
1日目 10% 90%
2日目 20% 80%
3日目 30% 70%
4日目 40% 60%
5日目 50% 50%
6日目 60% 40%
7日目 70% 30%
8日目 80% 20%
9日目 10% 90%
10日目 100% 0%

この表の割合のように、モグニャンの量を徐々に増やしながら切り替えていきます。

切り替えを行っている途中で、便が柔らかくなってしまったり、猫の様子がいつもと違っていたりしたときは、混ぜる割合の比率を変えるのはストップし猫の体調管理を優先するようにしましょう。

切り替え最中に猫の様子にどんな変化が現われるか分かりませんので、元々食べているキャットフードの在庫に余裕のある時点で切り替えを開始するのがおすすめです。

モグニャン公式サイトにお試しサンプルはないの?

初めてモグニャンを利用する方には、まずは1袋をじっくりと試して愛猫の食い付きや体質に合うかどうかなどを確認して欲しいとの想いから、サンプル品の提供はしていません。

ただし、いきなり1袋を購入することに関しては不安を感じてしまう方もいるでしょう。

不定期ではありますが「100円モニター」を実施しています。

100円モニターへ申し込みをすると、簡易パッケージにてモグニャンが50g送られてきます。

50gは成猫の約1日分の給餌量となりますので、愛猫との相性を細かくチェックするというよりも、モグニャンの実物をまずは飼い主さんに確認してもらう要素が強いです。

100円モニターは、モグニャンの定期コースを申し込むことが前提のサービスとなっていますが、愛猫との相性が良くないなど継続できないということであれば、初回のみの利用で解約をすることができます

モグニャンは子猫・シニア猫にも与えられるの?

モグニャンは全年齢対応のキャットフードですので、子猫の離乳食としても利用できますし、成猫から年を重ねたシニア猫まで安心して与えることができます。

注意点としては、パッケージに記載してある月齢や体重に適した給餌量を与えることです。

特に成長期の子猫は、成猫よりも給餌量が多く必要となりますし、運動量や代謝が落ちるシニア猫は、肥満にならないように給餌量を若干減らすなどの工夫が必要になります。

いずれにしろ、それぞれの個体差などもありますので、体重管理を行いながら給餌量を調整しなければなりません。

モグニャンは腎臓・尿路結石が気になる猫でも与えられるの?

モグニャンの原材料に使用されているサーモンオイルは、オメガ3脂肪酸が含まれています。このオメガ3は腎臓のケアにおすすめと言われている成分です。

また、尿路結石に関係する成分がリンマグネシウムになるのですが、モグニャンの公式サイト上ではこの数値が確認できません。

給餌に関して心配事や相談がある場合、モグニャンの公式サイトに記載されている電話番号へ連絡をするか、問い合わせフォームから相談をすると、ペット栄養管理士専門知識を持ったスタッフがアドバイスをしてくれます。

気になることがある時は、ぜひ利用してみてください。

ただし、持病がある猫の場合、アドバイスは一つの意見として受け止め、かかりつけの獣医師の判断を仰ぐことをおすすめします。

モグニャンはアレルギーがあっても与えられるの?

アレルギーと一言で言っても、その原因となる物質は様々です。

例えば、穀物アレルギーを発症している猫なら、モグニャンは穀物類を一切使用せずに作られていますので、与えても問題がないと判断できます。

稀に魚アレルギーと診断される猫がいますが、その場合は白身魚を主原料としているモグニャンを与えることはできません。

このように、アレルギーであると指定されたものが原材料の項目のなかに記載されていなければ、そのキャットフードは与えても問題ありません。

すでにアレルギーを発症している猫であれば、与えるものに関して気を配る必要がありますので、念のため獣医師に確認をしましょう。

モグニャンはどんな時に返品できるの?

モグニャンは、配送した商品が不良品であったり、破損していたりした場合は、返品や交換をすることが可能です。

返品や交換の際に発生する送料は、配送を手配しているレティシアンが負担してくれます。

返品や交換をしたい場合は、該当商品が到着してから1週間以内に公式サイトに記載されている番号まで電話連絡をする必要があります。

その期間を過ぎてしまいますと、返品や交換の対象外となってしまいますので、商品が到着したらすぐに確認しておくのがおすすめです。

ブルー(運営者)

返品や交換の際には、他にも注意点があります。
  • お客様都合による返品や交換は、商品が未開封の状態であっても対応してもらえません
  • 商品の品質に問題がない場合(パッケージの細かな傷・汚れ・底面のシール剥がれなど)には、返品交換の対象外となります。

定期コースの変更や停止は簡単なの?

モグニャン定期コースを解約する時は、次回配送予定日の7日前までに連絡する必要があります。

解約に伴う手数料や、解約金などは一切発生しません

連絡方法は、次の3つの方法があります。

  • 定期コース申込み時のマイページ(電話番号とメールアドレスがログインに必要です)
  • 公式サイトに記載された電話番号へ連絡
  • 公式サイトの問い合わせフォームを利用する

解約を申し出た時点で、既に発送準備に入っている商品についてはキャンセルすることはできませんので注意が必要です。

また、一度解約をした場合でも再開はいつでも可能となっています。

その際も、上記3つのいずれかの方法で連絡をするだけです。

購入時はクレジットカード以外でも支払いは出来るの?

公式サイトの通販を利用して買い物をしたいけれど、クレジットカードでの支払に少し抵抗がある方も少なくありません。

モグニャンの支払方法は、クレジットカード以外に代金引換便を利用することが可能です。

支払方法に代金引換便を選択した場合、商品が手元に届いたときにその場で代金を支払います。

代金引換便を利用すると、手数料として237円かかりますが、1回の購入合計金額が10,000円以上であれば、送料が無料になるのと同時に代金引換便手数料も無料です。

モグニャンの販売会社は信頼できる会社なの?

モグニャンを開発し販売を行っている株式会社レティシアンは、カナガンやシンプリー、ジャガーといった良質なキャットフードの輸入販売を行っている会社です。

「ペットオーナー様の願いに寄り添う本当のフードを作りたい」と、愛猫家である社内スタッフが集まって1年以上の歳月をかけて開発されたキャットフードがモグニャンです。

モグニャンは「安心と安全をとことん追求したい」という開発スタッフの想いから、イギリスで高い評価と信頼を得ているペットフード専門工場で製造されています。

この工場は、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準を満たした施設で、品質管理官が常にチェックを行っています。

猫や飼い主さんのことを思ってキャットフードを開発するような会社で、できあがったモグニャンも高品質なものである点を見ると、十分信頼できる会社であると判断できます。

ゆうゆ

品質にこだわって、良いと思えるキャットフードだけを選んでいるのですね。

レティシアンのカナガン・シンプリー・ジャガーと何が違うの?

ゆうゆ

モグニャンの調査を行う際、比較対象としてカナガン・シンプリー・ジャガーなどがよく取り上げられますが、これらの大きな違いはどこにあるのですか?

ブルー(運営者)

それでは、モグニャンを含めた4つのキャットフードを比較していきます。
比較内容 モグニャン カナガン シンプリー ジャガー
主原料 白身魚 チキン サーモン チキン・サーモン
容量 1.5kg 1.5kg 1.5kg 1.5kg
1kg辺りの価格 2,640円 2,640円 2,640円 2,853円
特筆事項 試食会で93%が継続したいと回答 タウリンを2,200mg/kg配合 動物栄養学者と共同開発 原材料の80%が動物性タンパク質

モグニャンは人間用の食品工場で加工出荷された肉・魚・野菜を使用しており、気になる添加物は使用されていません。

比較対象として挙げている3つのキャットフードも、この点は共通しています。

違いがあるとすれば、主原料に何を使用しているかという点になるでしょう。

ゆうゆ

主原料の違いはありますが、共通点は多いのですね。最終的にモグニャンはどのような方におすすめできると思いますか?

ブルー(運営者)

モグニャンは次のような方におすすめです。
  • 主原料に白身魚を使用しているキャットフードを探している方
  • 主原料にチキンを使用していないキャットフードを探している方
  • グレインフリー仕様のキャットフードを探している方

モグニャンは、白身魚を主原料として豊富に使用しているのが大きな特徴となりますので、その点にポイントをおいてフードを選ぶと良いでしょう。

まとめ

今回はモグニャンについて、原材料やコスパ、口コミ情報などを紹介しました。

モグニャンはキャットフードの専門家であるレティシアンのスタッフが、1年以上の歳月をかけて開発されました。

SNSでの口コミを見ると「食い付きが良い」というコメントも多く見られました。

ただし、全ての猫がモグニャンを食べてくれるかというと、実際に与えてみないことには分かりません。

定期コースを利用すれば、初回から割引がありますのでぜひ利用してみてください。

モグニャンのまとめ
  • 高タンパクでグレインフリーの新鮮素材のみを使用
  • 猫の健康と食い付きを最大限に考えたキャットフード
  • 「食い付きが良い」という口コミ多数
  • モグニャン公式サイトで最安値購入できる
\最大20%オフ/
人気のモグニャンをお試しできるチャンス!