【Myキャットフード】専門家が評価するキャットフード評価サイト

ヒューマングレードのキャットフードの選び方とおすすめ15選

ペットと暮らしていると、愛猫にも家族と同じように高品質な食事を与えたい、できるだけ安全性の高い素材を使ったキャットフードを与えたいと思っている飼い主さんは多いのではないでしょうか?

猫を我が子のように大切にしている飼い主さんほど、毎日の食生活で猫の健康をサポートしてあげたいという気持ちが強いかもしれません。

市販の安いキャットフードを与えて、猫の涙やけが酷くなった、毛艶が悪くなったとお悩みの飼い主さんにおすすめしたいのが、ヒューマングレードのキャットフードです。

今回は、ヒューマングレードの特徴や選び方、おすすめのキャットフードを紹介します。

ヒューマングレードのキャットフードの基準

よく「ヒューマングレード」という表記のあるキャットフードを見かけますが、一体どんなものを指す言葉なのでしょうか?

ヒューマングレードの定義やその他のキャットフードとの違いについて説明します。

ヒューマングレードのキャットフードとは?

ゆうゆ

ヒューマングレードという言葉をよく見かけるのですが、一体どんな意味があるのですか?

ブルー(運営者)

ヒューマングレードのキャットフードは、人間も食べることができる品質の原材料が使われているということを意味します。
一見、当たり前のことのように思いますが、実際は粗悪な原材料を使ったキャットフードが販売されているのも事実です。

そういったキャットフードとの違いを主張するために、原材料にこだわりを持ったフードメーカーは「ヒューマングレード」という表記をしています。

とはいえ、ヒューマングレードのキャットフードには明確な基準はありません。

ペットフード先進国であるヨーロッパでは、ペットフード関連の法規制が日本より厳しく、食品基準を満たして、公的な外部機関の基準をクリアしたキャットフードもあります。

さらに、ドイツのように「ペットフードにはヒューマングレードの原材料しか使ってはいけない」と法律で決められている国のものであれば、国産のキャットフードよりも安全性は高いです。

ヒューマングレードのキャットフードを見極める時は、公的な外部機関からの認証や、法律でペットフードに含まれる肉の安全性が定められている国で作られたキャットフードを選ぶと良いでしょう。

ヒューマングレードと市販のキャットフードの違い

ゆうゆ

原材料の品質以外に、ヒューマングレードと安価なキャットフードにはどんな違いがありますか?
ヒューマングレードのキャットフードは、原材料や栄養バランスから猫の健康をサポートしてくれるものが多いです。一方、市販の粗悪なキャットフードは猫の健康や美容を阻害する可能性があるものがあります。

ヒューマングレードと記載があれば、安全性が高い生産地の原材料が使用されています。

さらに、原材料にこだわりをもつキャットフードは、猫の消化管に負担をかけないようグレインフリーであったり、添加物や保存料が不使用だったりするので、安心して与えられます。

市販の安価なキャットフードは、価格が安いというメリットがある反面、使用されている原材料が人間は食べられないものであったり、添加物や保存料などがたっぷり使用されていたりします。

猫の健康を一番に考えてキャットフードを選ぶなら、ヒューマングレードが良いでのはないでしょうか。

ミールの含まれるキャットフードは良くないの?

スーパーやホームセンターで市販されているキャットフードは、リーズナブルで手軽に買うことができますが、ペットフードの法律の規制が緩い日本では、ミールや副産物が使われているなど、猫の健康に良いとはいえません。

ゆうゆ

ミールや副産物とは何ですか?

ブルー(運営者)

簡単に言うと、動物の肉以外の部分を加工したものです。粗悪なものになると骨やトサカ、毛、羽などが使われていることもあります。
日本におけるミールの定義は“人間の食用にできない部位を加工したもの”ですが、国によってミールの定義は違うので、海外では乾燥した食用肉を粉末にしたものをミールと呼んでいる場合もあります。

このように、外国産のプレミアムフードに含まれるミールは猫が食べても安全なものを使用していることもあるため、国産と外国産で安全性に違いがあり、一概にミールが入っているから悪いとは言えません

もし、「キャットフードにミールが含まれているけれど、購入しようかどうしようか」と悩んだ時は、ヒューマングレードという言葉が記載されているものを選ぶと良いでしょう。

ヒューマングレードキャットフードのメリットとデメリット

それでは、毎日の食事でヒューマングレードのものを選ぶメリットとデメリットは何でしょうか?

ヒューマングレードのキャットフードのメリット

ヒューマングレードの一番のメリットは、人間が食べられる品質の素材を使っていることです。安全性の高い新鮮な食材を体に取り入れることで、長期的に健康的な体作りができます。

また、原材料にこだわったキャットフードは、添加物や穀物を使っていないものが多く、安価なキャットフードに比べると、病気のリスクが下がります。

涙やけや毛艶が気になる飼い主さんは、安価なキャットフードからヒューマングレードのキャットフードに変えることによって、悩みが改善する可能性がありますのでぜひ試してみてください。

猫は自分でごはんを選ぶことができません。愛猫のためにも、メリットの多いヒューマングレードのフードを選んであげると良いでしょう。

ヒューマングレードのキャットフードのデメリット

ヒューマングレードのキャットフードは高品質な原材料を使用しているだけではなく、素材の品質を保持するためのコストもしっかりかけているため、価格が割高になってしまうというデメリットがあります。

また、スーパーで買える安価なものとは違い、一部のペットショップや公式サイトでしか買えないものも存在するため、手軽に買えないというのもデメリットのひとつです。

どんなに良いものであっても、高価で継続できなければ意味がありません

ブルー(運営者)

自身のライフスタイルに合っていて、猫の健康に配慮したキャットフードを選んであげましょう。

ヒューマングレードのキャットフードの選び方

ヒューマングレードのキャットフードの特徴が分かったところで、フードを選ぶ際のポイントについて紹介します。

主原料が肉や魚のグレインフリーのキャットフードを選ぶ

グレインフリーとは穀物不使用という意味です。主原料が穀物ではなく、肉や魚を使ったグレインフリーのキャットフードを選びましょう。

猫は消化管が短く、炭水化物を消化する酵素であるアミラーゼが少ないので、穀物の消化が苦手です。

穀物の多いキャットフードは猫の消化器官に負担をかけますが、グレインフリーのキャットフードは猫の体の仕組みに合った食事であると言えます。

安価なキャットフードには穀物が多く使用されていますが、猫の健康のために配合されているのではなく、肉や魚よりコストが安く済むのでカサ増しで入れられています。

原材料の欄を確認して、肉や魚がメインに使われているグレインフリーのキャットフードを選びましょう。

安全性の高い素材を使用したキャットフードを選ぶ

化学薬品や農薬、抗生物質不使用の作物を飼料として育った鶏や牛、魚などが主原料のキャットフードは、安全性も高いと言えます。

オーガニック認証食品基準をクリアした原材料なら、外部機関のお墨付きがあるのでさらに安心です。

ブルー(運営者)

原材料だけではなく、産地についてもしっかり確認するようにしましょう。

添加物を必要最小限の使用か無添加のキャットフードを選ぶ

合成酸化防止剤や着色料、香料といった添加物は、猫の体に良い影響は与えないため、使われている量を必要最小限に抑えたものか無添加のキャットフードを選びましょう。

添加物は、人間にキャットフードをおいしそうに見せるために着色したり、キャットフードの保存期間を低コストで延ばしたりするために使われます。

なかには、発がん性を指摘されているものが使われている場合もあります。

「ローズマリーエキス」や「ミックストコフェロール」といった添加物は、自然由来の酸化防止剤なので安全です。キャットフードを選ぶ際は、こういったものが使われているものを選ぶようにしましょう。

ヒューマングレードのキャットフードのおすすめ15選

これまで説明した安全なキャットフードの選び方を参考に、おすすめできるヒューマングレードのキャットフードを15種類紹介します。

ブルー(運営者)

原材料や価格帯も様々ですので、愛猫の好みやライフスタイルに合ったものを探してみましょう。

ハッピーキャット(子猫やシニア猫におすすめ)

「ハッピーキャット センシティブ」はドイツ産のキャットフードです。

ドイツでは、ペットフードにはヒューマングレードの原材料のみを使用しなければならないと法律で決められているため、安心して与えることができます。

下部尿路疾患の抑制に配慮してpHバランスは6.0~6.5、消化吸収率が90%以上とお腹や下部尿路のデリケートな猫にも最適なドライフードです。

全年齢対象の総合栄養食で、毛玉の排出ケアをする天然の食物繊維を配合。猫に関するお悩みをトータルに解決してくれる理想的なヒューマングレードのキャットフードです。

商品分類 総合栄養食
主原料 チキン
人工添加物
内容量 800g・2.2kg・4kg
1kg単価 3,240円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B01HRHXDTS/

アディクション

「サーモンブルー」は、天然のサーモンを主原料としたグレインフリーのキャットフードです。

サーモンが主原料なので、チキン、ビーフ、ラムなどのアレルギー対策にもなります。サーモンには皮膚や被毛の健康をサポートするオメガ3脂肪酸が豊富です。魚好きの猫なら、食いつきも期待できます。

「アディクション」は自然豊かなニュージーランドの自社工場で、厳しい製造基準をクリアした最高品質のキャットフードです。

「猫が必要とする栄養のすべてを安心して与えられるフードであること」をモットーに、全年齢対応の猫に対応した、安心・安全なキャットフードです。

商品分類 総合栄養食
主原料 サーモン
人工添加物
内容量 900g・1.8kg・9kg
1kg単価 2,280円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B001Q2NQ7A/

ザナベレ(子猫やシニア猫、肥満傾向の猫におすすめ)

無農薬・無添加の原材料を使用し、国際認証を取得した自社工場で製造した、安全性の高いキャットフードを提供しているザナベレ。

ドイツ、デンマーク、ニュージーランドの契約農場から仕入れた自然飼育の鶏や牛などが原材料で、全ての素材は人間が食べられる安全性が保証されています。

ペット先進国であるドイツ政府からも認められたキャットフードです。

新鮮な肉をはじめ、高品質な原材料ばかりを使用しているため、免疫力の強化、尿路疾患の抑制、アンチエイジングなど、様々な悩みに対応できます。

子猫用やシニア猫用、腎臓・泌尿器ケア用、歯石予防用など、多彩なラインナップがあるので、愛猫の悩みに合わせて選んであげましょう。

商品分類 総合栄養食
主原料 鶏肉
人工添加物
内容量 400g・2kg
1kg単価 2,862円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B01682TDII/

ナウフレッシュ(子猫やシニア猫、肥満傾向の猫におすすめ)

「ナウフレッシュ」は、新鮮なターキーなどの肉、20種類以上のベリー類や野菜、果物を原材料に、低温調理で丁寧に作られたグレインフリーのキャットフードです。

お腹の調子を整えてくれるプロバイオティクスやプレバイオティクスを配合し、腸内から猫の健康をサポートしてくれます。

鶏肉や牛肉などにアレルギーのある猫には魚が主原料の「フィッシュアダルト」、高齢猫や肥満傾向の猫には「シニア&ウェイトマネジメント」というように、猫の体質に合わせてキャットフードを選んであげることができます。

商品分類 総合栄養食
主原料 ターキー
人工添加物
内容量 454g・1.81kg・3.63kg
1kg単価 4,185円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B013QFN368/

ジウィピーク

「ジウィピーク」は、生肉や内臓、魚、緑イ貝を全体の96%に配合した、猫本来の食事に限りなく近づけたグレインフリーのキャットフードです。

上質な生肉を低温でゆっくり乾燥させるエアドライ製法で、素材そのものの栄養素やビタミンの損失を最小限に抑えています

食いつきが良く高栄養なので、一般のキャットフードより少ない量でしっかりと栄養を補給できるため、好き嫌いの激しい猫や食の細い猫におすすめです。

肉は安全性が高いニュージーランドで放し飼いにして育てられた鶏肉やラム肉などを使用。

最高級のヒューマングレードのプレミアムフードは、猫の健康維持にも役立ちます。

商品分類 総合栄養食
主原料 チキン
人工添加物
内容量 400g・1kg
1kg単価 8,357円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B07FGM7X66/

K9ナチュラル

生食をフリーズドライ状にしたグレインフリーのキャットフードです。

「フィーラインナチュラル」は子猫からシニアまでオールステージに対応しています。

肉類を99%以上含み、調理熱は45℃未満で栄養や風味を最大限生かすために非加熱で製造されています。

K9ナチュラル10gに対して水か37℃以下のぬるま湯30mlでふやかすことによって、生食の水分値に戻り猫本来の食事に近い状態で与えることができます。

いつものドライフードにトッピングして与えても良いでしょう。

嗜好性の高いキャットフードであるため、シニア期に入り歯が弱くなり固いドライフードが苦手な猫や、好き嫌いの激しい猫でも好んで食べてくれる傾向があります。

商品分類 総合栄養食
主原料 鶏肉
人工添加物
内容量 320g(1.28kg分)
1kg単価 4,685円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B0062FK5FM/

アカナ

「アカナ レジオナル」はカナダ産のフレッシュな原材料を使用したグレインフリーのキャットフードです。

肉類の配合率が75%で、全てヒューマングレードの新鮮肉なものを使用。猫の健康維持に必要な栄養素を自然に摂取できるように作られています。

そのため、添加されているサプリメントはコリン、亜鉛、銅の3種類のみで、危険な添加物は一切使用していません。

栄養成分を詳細に表示しているキャットフードなので、メーカー側の素材や栄養成分に対する自信が伺えます。安心して購入できるグレインフリーのキャットフードです。

商品分類 総合栄養食
主原料 鶏肉
人工添加物
内容量 340g・1.8kg・5.4kg
1kg単価 2,087円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B01N9SROR2/

オリジン(子猫におすすめ)

アカナよりも肉含有量が高く、新鮮肉や内臓、軟骨を猫本来の食事と同じ比率で配合して生物学的に適正な栄養を実現している無添加キャットフードです。

全年齢対象なので、子猫からシニア猫まで与えることができます。

ペットフードメーカーの中で最多の受賞歴を誇るオリジンは、世界中のペット愛好家から支持されているキャットフードです。

猫が野生にいた頃の食生活を再現した高タンパク質なキャットフードなので、愛猫の食いつきにも期待できます。

ただし、ヒューマングレードで高品質なキャットフードなので、他のキャットフードよりも価格が割高です。

商品分類 総合栄養食
主原料 新鮮丸ごと大西洋サバ
人工添加物
内容量 340g・1.8kg・5.45kg
1kg単価 3,400円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B01MRLOI1O/

GATHER(シニア猫におすすめ)

「GATHER フリーエーカーキャット」は、オーガニック食材を使って作られたキャットフードです。

遺伝子組み換え作物や中国産の原材料は一切使用せず、オーガニックチキンを主原料に厳選されたヒューマングレードのものばかりが使われています。

消化に悪い穀物やグルテンなど、猫の健康維持に必要のない素材は使われておらず、原材料は非常にシンプルです。

成猫から高齢猫まで対応した総合栄養食で、粒のサイズは小粒でカリカリとした食感です。

自然の恵みたっぷりのキャットフードで愛猫の健康をサポートしてあげましょう。

商品分類 総合栄養食
主原料 チキン
人工添加物
内容量 454g・1.81kg・3.63kg
1kg単価 3,460円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B01N7WRW2Y/

ジャガー(子猫やシニア猫におすすめ)

「ジャガー」に使われている食材は、新鮮で上質なヒューマングレードのものから厳選されています。

工場に到着した原材料は、専任の品質管理官によって検査され、加工やパッキング、品質検査まで、イギリスの徹底した管理体制の工場で行われているので安心です。

食を通して愛猫との豊かな生活に貢献する」という哲学を持つジャガーは、でんぷんの含有量を減らし、厳選素材を最適なバランスで組み合わせることによって、猫の体に負担をかけないよう配慮されています。

新鮮な鶏肉や鴨肉、サーモンなどたっぷり使い、動物性タンパク質を80%以上含んだヒューマングレードのプレミアムフードです。

商品分類 総合栄養食
主原料 骨抜きチキン生肉
人工添加物
内容量 1.5kg
1kg単価 2,853円

URL:https://www.jaguarcatfood.jp/cart

クプレラ(子猫やシニア猫におすすめ)

「クプレラ」は、プロバイオティクスや酵素を取り入れたキャットフードです。

プロバイオティクスや酵素は熱に弱く、高温で加工すると効力が無くなってしまいます。

しかし、クプレラはこれらを非加熱のまま調理後に加えることで、腸内環境を整えて健康な体作りをサポートします。

厳選した素材を最適な栄養バランスになるようにブレンドし、製造工程にもこだわった「ホリスティック グレインフリー」は、猫の健康を根本から見直したいという方が、試してみる価値のあるキャットフードといえます。

商品分類 総合栄養食
主原料 魚類
人工添加物
内容量 900g・1.81kg・4.54kg
1kg単価 2,254円

URL:http://www.cupurera.com/

カナガン

イギリス産の平飼いチキンを贅沢に使ったグレインフリーのプレミアムフードで、キャットフードを食べてくれない猫にもおすすめの総合栄養食です。

生肉などの動物性タンパク質を全体の60%以上配合し、全てヒューマングレードの原材料を使用しているので、安心して与えることができます。

1袋ごとに素材の生産地や調達した日時を把握できる製造番号が記されており、品質管理が徹底されていることも安心できるポイントです。

粒の大きさや食感、固さなども、猫が食べやすいように設定されています。

嗜好性の高いフードなので、食べムラがある猫にもおすすめです。

商品分類 総合栄養食
主原料 チキン
人工添加物
内容量 1.5kg
1kg単価 2,640円

URL:https://www.canagancatfood.co.jp/

モグニャン

モグニャンは白身魚を63%配合したグレインフリーのキャットフードです。

肉が使われていないので、チキンやビーフにアレルギーのある猫にも安心して食べさせてあげられます。

鰹節のような香ばしい魚の香りがするので、魚好きな猫は大喜びすること間違いなしです。

欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアしたペットフード専門工場で徹底した品質管理のもと作られています。

全年齢対応のキャットフードで、年齢ごとにフードの切り替えが必要ないので、生涯通じて与えることができます。粒は小さめなので、子猫にもおすすめです。

パッケージはジッパーが付いていて、袋をしっかり閉めやすい構造になっているのも嬉しいポイントですね。

商品分類 総合栄養食
主原料 白身魚
人工添加物
内容量 1.5kg
1kg単価 2,640円

URL:https://www.mognyancatfood.co.jp/cart

フィッシュ4キャット(肥満傾向の猫におすすめ)

サーモン、サバ、イワシなどの魚を65%以上使用し、魚の頭や大きな骨、鱗、内臓、尾は使わず身と小骨だけで作られたキャットフードです。

タンパク質、アミノ酸、ビタミン、ミネラルを豊富に含み、猫に必要な栄養素がバランス良く配合されています。

さらに、被毛や皮膚の健康維持に役立つオメガ3脂肪酸がふんだんに含まれています。

低GIなので肥満予防や糖尿病などの生活習慣病が気になる猫にもおすすめです。

商品分類 総合栄養食
主原料 サーモン
人工添加物
内容量 400g・1.5kg
1kg単価 3,024円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B00W2ZFHWW/

ヤラ― キャットディナー

オーガニック認証原材料にこだわったウェットフードです。オランダのSkalと、スウェーデンのKRAVという2つのオーガニック認証団体から安全な食品であると認証を受けているので安心して与えられます。

栄養価が高く、消化率や食いつきも良いので、食欲の落ちた時にドライフードにトッピングしてあげるのも良いでしょう。

一缶400g入りの猫缶なので、多頭飼育の家庭にもおすすめです。

味はチキンとフィッシュの2種類。愛猫の好みに合ったものを選びましょう。

商品分類 総合栄養食
主原料 鶏肉
人工添加物
内容量 400g
1kg単価 1,782円

URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B000T5G5ZK/

ヒューマングレードのキャットフード18種の比較表

先に紹介したヒューマングレードのキャットフードと合わせて、いくつかのヒューマングレードのキャットフードを比較した表になります。

フード名 おすすめ度 主原料 内容量 1kg単価
ハッピーキャット センシティブ ★★★★★ チキン 300g・1.4kg・4kg 3,240円
アディクション サーモンブルー ★★★★★ サーモン 900g・1.8kg・9kg 2,280円
ナウフレッシュ アダルト ★★★★★ ターキー 454g・1.81kg・3.63kg 4,185円
ジウィピーク NZフリーレンジチキン ★★★★★ チキン 400g・1kg 8,357円
K9ナチュラル フィーラインナチュラル ★★★★★ 鶏肉 320g(1.28kg分) 4,685円
アカナレジオナル ワイルドプレイリー ★★★★★ 鶏肉 340g・1.8kg・5.4kg 2,087円
オリジン 6フィッシュキャット ★★★★★ 新鮮丸ごと大西洋サバ 340g・1.8kg・5.45kg 3,400円
GATHER フリーエーカーキャット ★★★★★ チキン 454g・1.81kg・3.63kg 3,460円
ジャガー ★★★★★ 骨抜きチキン生肉 1.5kg 2,853円
クブレラ ★★★★★ 魚類 900g・1.81kg・4.54kg 2,254円
カナガン ★★★★★ チキン 1.5kg 2,640円
モグニャン ★★★★★ 白身魚 1.5kg 2,640円
フィッシュ4キャット ★★★★★ サーモン 400g・1.5kg 3,024円
ザナベレ ★★★★☆ 鶏肉 400g・2kg 2,862円
ヤラー キャットディナーフィッシュ ★★★★☆ 鶏肉 400g 1,782円
デイリースタイル ★★★★★ カツオ 300g 6,266円
デボーテッド フリーランチキン ★★★★★ 鶏肉 300g・1.5kg 3,327円
キャスター&ポラックス チキン&スイートポテト ★★★★★ 鶏肉 1.3kg・1.81kg 3,818円

まとめ

今回はヒューマングレードのキャットフードの特徴とおすすめのフードを紹介しました。

安価なキャットフードを与えていて、愛猫の涙やけや体調が気になっている飼い主さんは、ぜひ一度ヒューマングレードのキャットフードを試してみてください。

安いキャットフードには安いなりの理由があり、猫の健康を考えた食事というよりは、人間の都合に合わせた商品であるという側面もあるでしょう。

ヒューマングレードのキャットフードは猫の食欲を満たすだけではなく、毎日品質の良いものを食べさせることで健康維持にも役立ちます。

愛猫にはできるだけ長生きしてもらいたいものですよね。そのためには、毎日の食事から気を付けてあげるようにしましょう。
とはいえ、ヒューマングレードのキャットフードはたくさんの種類があります。

一度小袋を購入して、猫の食いつきや体調から相性の良いものを探してみましょう。