【Myキャットフード】専門家が評価するキャットフード評価サイト

レガリエ キャットフードの口コミや品質をレポート!最安値やコスパも調査

大切な愛猫にできるだけ品質の良いキャットフードを与えたいというのは、多くの飼い主さんが望んでいることだと思います。

たくさんの種類が販売されているキャットフードのなかで、世界一の品質を目指して作られたのがレガリエというキャットフードです。

この“世界一の品質”というキャッチコピーに惹かれ、気になっている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

そこで、今回はレガリエの特徴や1日の給餌量、購入方法などについて詳しく紹介します。ぜひキャットフード選びの参考にしてください。

\初回限定で500円でお試し/
新発売のレガリエお試しのチャンス!

レガリエの特徴

ゆうゆ

レガリエはどのような特徴のキャットフードなのか教えてください。

ブルー(運営者)

レガリエは、国産無添加、ヒューマングレード、グレインフリーにこだわり、獣医師監修のもと作られたキャットフードです。

目指したのは世界一品質のキャットフード

レガリエは、キャットフード選びに迷う飼い主さんの悩み解決に繋がるように、世界一の品質を目指して「おいしさ・安全性・栄養バランス」を考え抜き、獣医師との共同開発によって作られたキャットフードです。

国産品だからこその鮮度とコスト

レガリエは国内の工場で作られている国産品のため、海外からの輸送コストがかからないだけでなく、長時間の輸送により鮮度が落ちてしまうことがありません。

海外産のペットフードは、船舶で輸送されることが多いのですが、コンテナの中はかなりの高温になってしまうこともあり、鮮度や品質、コストに疑問が残ってしまいます

国内で製造しているレガリエは、輸送コスト削減と鮮度保持の両面を叶えてくれるので安心して与えることができます。

食材は全てヒューマングレード&産地を公表

レガリエは、人間が食べることのできるヒューマングレードの食材を使用しています。これらは、おいしさだけでなく安全性も十分に考慮し、国産のものを中心に世界中から厳選されたものです。

さらに、使用している食材の全てにおいて、公式サイト上で産地を公表しています。公式サイトに原材料の産地までしっかり記載してあると、安心感をもつことができます。

気になる添加物は不使用

レガリエは、人工添加物である着色料や香料を使用せずに作られています。また、酸化が心配なオイルコーディング製法を行わず、合成酸化防止剤も使用していません。

大切な愛猫の主食であるキャットフードは、体に悪い影響を与える恐れのある人工添加物を使わず、安心・安全なものを与えたいと思いますよね。

素材の力を活かし、余計なものが添加されていないという点は、飼い主さんにとっても嬉しい点です。

低温加熱製法で美味しさと栄養素をキープ

レガリエは、約80~90°での低温加熱製法を取り入れています。

多くのキャットフードは、生産効率や見た目の良さを優先するために約120~180°の温度にて加熱処理をしています。

レガリエのような低温加熱製法は、完成に至るまでの時間がかかるだけでなく、仕上がりの粒の大きさにバラつきが出てしまうのですが、栄養素やおいしさをキープしたまま、キャットフードに加工することができるのです。

乳酸菌とオリゴ糖で菌活を応援

腸内環境を整え善玉菌のバランスに気を配ることは、私たち人間と同様に猫にとっても大切なことです。

レガリエは、猫の腸内環境を整えるサポートをするために乳酸菌を贅沢に配合し、さらに乳酸菌の働きを活発にするためのオリゴ糖を加えています。これにより、猫のおなかの菌活をサポートしてくれています。

ゆうゆ

使用している食材の産地を全て公表しているということは、それだけ自信がある証拠ですね。

ブルー(運営者)

食材もそうですが、製造方法にもこだわりを持っていて、世界一の品質を目指していると大きく掲げているだけでのことはあるのではないかと感じますね。

レガリエの原材料と成分を分析

キャットフードを選ぶ際に、気になるのが原材料と成分ではないでしょうか。そこで、レガリエの原材料と成分一覧をチェックしました。

レガリエの原材料をチェックしてみました

厳選した生肉を68.2%使用

レガリエは、すべての原材料のうちの68.2%に動物性の素材を使用して作られていますので、高タンパク質なキャットフードとなっています。

動物性素材のなかでも、主原料として使われているのは九州産の鶏肉、次いで牛肉や魚、豚レバーなどを使用しています。

鶏肉

宮崎や熊本など九州産の鶏肉を中心に使用しています。鮮度の良い鶏肉は、良質なタンパク質を豊富に含み食い付きの良さに繋がりますので、キャットフードに含まれる王道の食材です。

牛肉

オーストラリア産やアメリカ産の、脂肪が少なく赤身の多いものを厳選しています。また、牛肉は亜鉛や鉄分などのミネラル成分も含まれています。

レガリエを製造している工場近くの、金沢港にて水揚げされた旬の新鮮な魚を使用しています。秋冬はタイ・タラ・ハマチを、春夏はサワラ・イワシ・アジなど、その時期の旬な魚を厳選されています。魚類は、上質なタンパク源であることと同時に、オメガ3系脂肪酸を含むおすめの食材です。

豚レバー

体に活力をもたらす優秀な食材で、鉄や亜鉛などのミネラル成分、ビタミンA群やビタミンB群、葉酸などのビタミン成分を豊富に含んでいます。

新鮮な野菜や果物を厳選

レガリエは、厳選された新鮮な野菜や果物も贅沢に使用しています。特に、穀物類を使用していないレガリエは、良質な炭水化物源としてさつまいもやじゃがいもを取り入れています。

さつまいも

穀物の代わりに良質な炭水化物源として、国産のものを使用しています。カリウム、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維などを含む優秀な食材です。

じゃがいも

さつまいもと同様に穀物に変わる炭水化物源として、年間を通じて安定供給ができて品質の良いアメリカ産のものを使用しています。カリウム、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維が豊富です。

クランベリー

酸性の性質を持つ果物として有名で、体内のphバランスを整えるサポートをしてくれます。さらに、ビタミンCやポリフェノールが豊富です。日本では栽培数が少ないので、品質が良いとされているアメリカ産のものを使用しています。

注目素材のマグロオイル

DHA、EPA、オメガ3系脂肪酸を豊富に含む素材として、人間用のサプリメントなどにも多用されつつあるマグロオイルを配合しています。

マグロオイルを適度に摂取することで、健康な皮膚や美しい被毛を維持するサポートに期待ができます。使用するマグロオイルは、高品質な国産品だけを厳選して使用しています。

レガリエの成分をチェックしてみました

レガリエの成分表を確認してみると、カロリーが100gあたり372kcal、粗タンパク質が31%以上、脂質15%以上となっています。

一般的には、含まれているタンパク質の数値が26%以上の場合、高タンパク質のキャットフードであると判断されます。レガリエは、鶏肉や牛肉など良質なタンパク質を含む動物性の原材料の68.2%使用していますので、高タンパク質のキャットフードに仕上がっています。

また、脂質についてですが、キャットフードに含まれる脂質の平均値は約18~20%なので、レガリエは若干少ないように感じますが、極端に少なくて気になる数値であるという訳ではありません。

カロリーについても、ほぼ平均値内の数値であると判断できます。

市販のキャットフードと数値を比較

ブランド 粗タンパク質 脂質 カロリー(100g)
レガリエ 31% 15% 372kcal
カルカン 28% 10% 355kcal
キャラット 23.4% 8.1% 330kcal
サイエンス 29% 6% 358kcal
モグニャン 30% 16% 365kcal
カナガン 37% 20% 390kcal

カルカン、キャラット、サイエンスは成猫用の数値を参考にしています。

タンパク質の数値を見ると、カナガンはかなり高い数値となっていますが、それ以外のものと比べてもレガリエの数値は高いことが分かります。

タンパク質は猫が健康を維持していくために必要となる重要な栄養素です。

ゆうゆ

レガリエの成分は全体的なバランスとしてはどうでしょうか?

ブルー(運営者)

タンパク質の量は十分ですし、カロリーもそれほど高いという訳ではありません。全年齢タイプのキャットフードとしてはバランスが良いのではないかと判断できます。

レガリエの販売場所と最安値の購入方法

ゆうゆ

レガリエの原材料や成分についてはよく分かったので、実際に購入してみたいと思った場合はどこで購入するのがおすすめですか?

ブルー(運営者)

それでは、レガリエの購入先や価格などを紹介していきましょう。

レガリエが購入できる場所やサイト

レガリエは、ペットショップやホームセンターなどでの取り扱いはありませんので、店頭で購入をすることはできません

そのため通販で購入するしか方法がないのですが、調査した結果Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどの大手通販サイトでの取り扱いはありませんでした。

現時点でレガリエを購入したいと思った場合は、レガリエ公式サイトを利用して購入するしか方法はありません。

ただし、個人での出品サイトをいくつか調べて結果、メルカリにてレガリエの取引履歴を複数見つけることができました。

レガリエ公式サイトの価格

レガリエの通常価格は、750g入り2,740円(税別)です。

送料は1袋購入の場合600円かかりますが、定期便コースを利用すると、初回と2回目に関しては送料が無料です

また、3回目以降の注文の際には、1回の注文に付き2袋以上購入することで送料無料となります。

ゆうゆ

公式サイトには定期便コースというものがあるんですね。

ブルー(運営者)

定期便コースは公式サイト独自のサービスで、お得な価格で購入することができるので詳しく紹介していきます。

定期便コースの仕組み

レガリエの定期便コースは、愛猫の食べるペースに合わせた量のキャットフードが、あらかじめ設定した希望の配送周期にて自動的に届くサービスです。

ブルー(運営者)

定期便コースには次のような特典があります!
  • 定期便コースの利用で毎回1袋毎に22%の割引が適用
  • 注文する袋数や配送周期は愛猫のペースに合わせて設定可能
  • 定期コース利用中でも次回配送をスキップしたり一時休止が可能
  • 最低利用回数の決まりがないため、解約はいつでも可能
  • 1回の注文に付き2袋以上注文することで送料が無料
レガリエの定期便コースに申し込むと、初回はお試し用の少量パックが届きます。お試しパックの価格は500円で送料は無料です。

その約10日後に、2回目の分として2袋が配送されてきます。さらに、その約1ヶ月後には3回目の分としてまた2袋が配送されてくるという仕組みです。

レガリエを気に入って継続する場合は、特に配送周期や注文数を変更しなければ、約1ヶ月ごとに2袋が自動的に配送されてきます。

ゆうゆ

愛猫が気に入らなかった時など、解約したい場合はどうすればいいのですか?
レガリエは利用回数の縛りが一切ありませんので、例えば初回のお試しパックを利用して気に入らなかったようであれば、2回目以降の配送分をキャンセルすることが可能です。

キャンセルをしたい時は、定期便コースを申し込んだ公式サイト上からでもできますし、電話でも対応してくれますので、都合の良い方法で連絡をするようにしてください。

解約後の電話勧誘などが気になってお試しパックの購入を悩んでしまう方もいるかもしれませんが、レガリエは「勧誘の電話は一切ございません」と公式サイトにも記載がありますので、安心して試すことができます。

ゆうゆ

定期便コースでも最低利用回数の決まりがないのはいいですね。

ブルー(運営者)

そうですね。初めての方でも気軽に試すことのできる仕組みです。

定期便コース利用時の購入価格

定期便コースでは、1袋につき22%の割引が常に適用されます。

通常価格2,740円(税別)⇒2,140円(税別)

つまり、1袋につき600円の割引となり、1回に付き2袋以上の配送で設定すれば送料無料になりますのでお得です。

レガリエの最安値で購入する方法

レガリエは、ペットショップやホームセンターなどでの取り扱いがなく、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどの大手通販サイトでも取り扱いがありません。

個人が出品するメルカリでは取引履歴があり、販売価格の平均は2,500円~3,500円程度でした。

タイミング次第では、メルカリなどで公式サイトの定期便コースよりも安価で購入できることがあるかもしれませんが、個人の出品物はそれまでの保管状況や賞味期限なども明確でない物が多く、愛猫が食べることを考えると気になる点です。

それを踏まえると、公式サイトの定期便コースを利用するのがレガリエを最安値で購入する方法であると言えます。

ゆうゆ

愛猫が毎日食べる物ですから、品質に不安を感じるものはできれば避けたいです。

ブルー(運営者)

きちんと管理して出品している方もいると思いますが、残念ながらその判断は難しいですね。

初めての方は初回お試しパックがおすすめ

レガリエの定期便コースは、初めから通常の1袋が配送されてくる訳ではなく、初めてレガリエを利用する人も試しやすいようにと初回は「お試しパック」が配送されてきます。

お試しパックの内容量は160gとなり、成猫であれば約3~4日分の量です。価格は500円で送料無料となっていますので、気軽に試せる設定ですね。

お試しパックは、実際の商品を手にしてよく確認することができるだけでなく、3~4日分あれば愛猫の食い付き具合もチェックすることが可能です。

万が一、初回のお試しパックを愛猫に与えてみて気に入らないようであれば、その時点で次回以降の配送をキャンセルすることもできますので、レガリエを試してみたい方にはおすすめです。

\初回限定で500円でお試し/
新発売のレガリエお試しのチャンス!

コスパは良いの?給餌量から計算したレガリエの1ヶ月の価格

ゆうゆ

レガリエを愛猫に与える場合、1ヶ月のコストパフォーマンスが知りたいです。

ブルー(運営者)

それでは、猫の年齢と体重別に、1日の給餌量と1ヶ月のコストを表にして紹介します。
1日の給餌量は、公式サイトに記載されている給餌量を参考に平均値を算出しました。

また、価格については継続利用をすることを想定し、定期便コースを利用した場合の価格である1袋2,140円を使用して算出しています。

レガリエを子猫に与えた場合(4ヶ月~9ヶ月)

体重 1kg 1.5kg 2kg 3kg
1日の給餌量 47g 64g 79g 107g
1袋の消費日数 16日 11日 9日 7日
必要袋数 1.8袋 2.5袋 3.1袋 4.2袋
1ヶ月のコスト 3,852円 5,350円 6,634円 8,988円

レガリエを成猫に与えた場合

体重 2kg 3kg 4kg 5kg
1日の給餌量 35g 47g 58g 69g
1袋の消費日数 21日 16日 13日 10日
必要袋数 1.4袋 1.8袋 2.3袋 2.7袋
1ヶ月のコスト 2,996円 3,852円 4,992円 5,778円

1歳までの子猫は成長期で、成猫よりも給餌量が多くなります。

そのため、1ヶ月にかかるコストも若干割高となってしまいますが、1歳を迎える頃には給餌量も減り、体重が5kg程度の成猫であれば1ヶ月にかかるコストは約5,700円です。

レガリエは他のキャットフードより高いの?

ゆうゆ

レガリエは、品質が似ている他のキャットフードと比較すると価格は高いのでしょうか?

ブルー(運営者)

では、レガリエと品質が比較的類似しているキャットフードの価格と比較をしてみましょう。

ここでは、レガリエと同様に国産で無添加のキャットフードをピックアップしてみました。

商品名 内容量 1㎏あたりの価格
レガリエ 3,900円〔1.5kg〕 3,653円
ねこひかり 2,480円〔500g〕 4,960円
ねこはぐ 6,980円〔1.5kg〕 4,653円

1kgあたりの価格は、各メーカーによって割引率などが変わりますので、公式サイトに記載されている定価を元に算出しています。

ホームセンターなどで気軽に購入できるキャットフードと価格を比較すると、レガリエの1kgあたりの価格は若干高価に感じてしまいますが、同じような品質のキャットフードと比較すると、それほど高価ではないことが分かりました。

レガリエの悪評が気になる!口コミ評判を調査


レガリエを一度は愛猫に試してみたいと思った飼い主さんは多いのではないでしょうか?

しかし、初めて購入する時には、実際にレガリエを愛猫に与えた方の感想が気になってしまいますよね。

そこで、レガリエを購入して愛猫に与えた方の感想を知るために、口コミの調査をしてみました。

レガリエの悪い口コミ(悪評)

レガリエを購入して、あまり良くない印象を受けた方の口コミです。

食べてくれなかったという口コミ

口コミ1:うちの猫はあまり食べてくれませんでした。粒の形も好みではなかったようです。

口コミ2:国産でグレインフリーだったので購入してみましたが、好みに合わなかったようです。

実は猫にも、キャットフードに対して味、香り、固さに至るまでそれぞれ好みがあります。

おいしさにこだわって作られたキャットフードであっても、それが猫の好みに合わなかった場合は残念ながら食べてくれないこともあります。

レガリエの良い口コミ

レガリエを購入して、良い印象を受けた方の口コミです。

食い付きがとても良かったという口コミ

口コミ1:食い付きがすごく良かったです。人が食べられるものが材料だし安心して与えることができます。

口コミ2:キャットフードは色々試してきましたが、食い付きがとても良くレガリエを継続していくことに決めました。体にも良さそうですし、内容的にも満足しています。

特に多いのが、猫の食い付きが良いというコメントでした。

レガリエはおいしさを考え抜き、使用する原材料ひとつひとつの産地にまでこだわって作られています。

また、国内工場で製造をしていますので鮮度もよく、素材が持つそのままの香りが活かされています。それが猫の食い付きの良さに繋がっているのかもしれません。

品質が安心できるという口コミ

口コミ1:原材料から国産でとても安心できるキャットフードに出会えました。よく食べてくれているし継続していく予定です。

口コミ2:グレインフリーなうえに、国産という点が嬉しいです。健康でいて欲しいのでレガリエを選んでみました。

レガリエは、原材料は全てにおいて人が食べられるレベルのものを使用し、厳しい安全基準をクリアした国内の工場で製造しています。

そのため、品質に安心感が持てるという口コミも多数見受けられました。

さらに、アレルギーが心配される穀物類を使用しないグレインフリーとなっていますので、その点も安心して与えることのできるポイントです。

レガリエの口コミまとめ

ブルー(運営者)

ここまで紹介した口コミをまとめておきます。

レガリエの良い口コミまとめ

・食い付きが良く、喜んで食べてくれた
・国産で品質的に安心できる

キャットフードは愛猫が毎日食べるものですから、おいしいだけでなく安全なものを選んであげたいと思う飼い主さんも多いでしょう。

レガリエは、人が食べられるヒューマングレードの原材料を使用し、厳しい管理基準をクリアした国内の工場にて製造しています。

素材、品質ともに飼い主さんが安心して与えられるポイントです。

レガリエの悪評まとめ

・食べてくれなかった

レガリエに限らずどんな高品質なキャットフードであっても、愛猫の好みに合わず食べてくれないことがあります

猫は警戒心が強い動物ですので、最初のうちは新しいキャットフードを食べてくれないことはあります。

しかし、何回か試してみても食べてくれないようであれば、好みに合わなかったと判断し元のキャットフードに戻してあげるようにしてください。

口コミからわかるレガリエをおすすめできる方

ゆうゆ

レガリエを購入した方の口コミを調査してみた結果、レガリエはどのような方におすすめできるキャットフードになりますか?

ブルー(運営者)

レガリエは次のような方におすすめです。
  • 安心できる原材料で作られているキャットフードを探している方
  • 食い付きの良いキャットフードを探している方
レガリエの使用している原材料や、含まれている成分を確認して飼い主さんが気に入ったとしても、必ず愛猫が食べてくれるとは限りません。

まずは食い付き具合をチェックしてみるのが大切ですので、お試しパックを利用してみると良いでしょう。

ゆうゆ

口コミの情報などはあくまでも参考とするべきですね。

ブルー(運営者)

そうですね。他の方がどのように感じたのかの情報は重要ですが、やはり一度実際に試してみるのが一番でしょう。

調査して分かった!レガリエのメリットデメリット

ブルー(運営者)

ここまでレガリエについて色々な面から紹介をしてきました。ここでレガリエのメリットとデメリットをまとめて詳しく紹介していきます。
メリット
  • 食い付きが良い
  • 気になる添加物を使用していない
  • 国産で品質に安心感が持てる
  • 公式サイトにはお得な定期便コースがある
デメリット
  • 食べてくれないことがある
  • 店頭での販売がない
  • パッケージ容量が750gと少なめ

ゆうゆ

ここで挙げたそれぞれの項目について、さらに詳しく教えてください。

レガリエのメリット

食い付きが良い

レガリエを購入した方の口コミを調査した結果、「食い付きが良かった」というものが確認できました。

猫は肉食動物のため、高タンパク質の食事を好む傾向があります。レガリエは、動物性の原材料を豊富に使用した高タンパク質のキャットフードですので、それが猫の食い付きの良さに繋がっているのかもしれません。

気になる添加物を使用していない

レガリエは、人工添加物である着色料、香料、保存料などを一切使用していません

余計な香料を使用しなくても、素材そのものの香りを活かしていますし、見た目を美しくするための着色料は不要であるとレガリエは考えています。

人工添加物を気にする飼い主さんには嬉しいポイントです。

国産で品質に安心感が持てる

レガリエは、国産のヒューマングレードの食材を中心に使用し、国内の安全性の高い工場にて製造をしています。

海外からの長い輸送期間がないことで、製品の鮮度を保ったまま飼い主さんも元へ届けることが可能です。

国産の食材を使用し、さらに国内で製造している点に安心感を持つことができます。

公式サイトにはお得な定期便コースがある

レガリエの公式サイトには、常に割引価格にて購入することができる定期便コースが用意されています。

定期便コースはお得な価格で購入できるだけでなく、重たいキャットフードを買いにでかけなくても、あらかじめ設定しておいた周期で必要な量が自宅に届きます。

そのため一度利用してみると、キャットフードの買い忘れや在庫管理をする必要がなくなるなど、便利な点を実感することができるでしょう。

レガリエのデメリット

食べてくれないことがある

おいしさや安全性を考え抜いて作られたレガリエでも、猫の好み次第では食べてくれないことはあります。

実際に、口コミを調査したなかでも食べてくれなかったというコメントが確認することができました。

ただし、なかには愛猫と相性がぴったりなキャットフードだったという場合もありますので、一度試してみるのがおすすめです。

店頭での販売がない

レガリエは、ホームセンターやペットショップでの店頭販売をしていませんので、購入前に商品を手に取って確認することができません。

実際の商品を確認せずに購入することに不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、通販で購入すれば希望の商品を玄関先まで届けてくれるなど、便利な点もあります。

注文方法は難しいことは一切なく、もしも気に入らなかった場合には初回のお試しパックのみで解約をすることもできますので、一度気軽に試してみてください。

パッケージ容量が750グラムと少なめ

レガリエはできる限り新鮮なうちに食べきって欲しいとの思いから、パッケージ容量が750gと少なめです。

多頭飼育をしている家庭では少し不便であるかもしれませんが、定期便コースを利用して配送周期や注文数を調整することで、わずらわしい在庫管理もしなくてよくなりますし、常に新鮮なものを愛猫に与えることができるようになります。

レガリエの購入前に気になること

レガリエを購入する前に、多くの飼い主さんが気になる点について紹介します。

レガリエのカロリーは他のキャットフードを比べて高いの?

レガリエと品質の似ているキャットフードや、ペットショップやホームセンターなどで販売されているキャットフードとカロリーの比較を行いました。

ブランド カロリー(100gあたり)
レガリエ 372kcal
カルカン 355kcal
キャラット 330kcal
サイエンス 315kcal
モグニャン 365kcal
カナガン 390kcal

いくつかのキャットフードとカロリーの数値を比較しましたが、レガリエの数値はほぼ中間に位置していました。

キャットフードのカロリー平均値は約360~410kcalとされていますので、レガリエは平均値内の数値で特に高カロリーという訳ではないことが分かります。

レガリエは腎臓・尿路結石が気になる猫でも与えられるの?

腎臓に不安がある猫は、高タンパク質なキャットフードを与えるのは避けた方がよいと言われています。

レガリエは高タンパク質の部類に入るキャットフードですので、食事療法が必要な猫へ与える際は必ず獣医師に相談するようにしましょう

尿路結石については、猫の体質がアルカリ性に傾くことで発症しやすいと言われています。

レガリエの原材料に使われているクランベリーは、酸性の性質を持ちphのバランスを整える働きをサポートしてくれますので、尿路結石が心配な猫にも与えることが可能です。

ただし、いずれの場合にも心配であれば自己判断はせずに、動物病院にて一度相談をすることをおすすめします。

他のキャットフードからレガリエに上手に切り替える方法は?

他のキャットフードからレガリエに切り替える場合は、今まで食べていたキャットフードを食べ切ってしまう前から準備をする必要があります。

これはレガリエに限らず、新しいキャットフードに切り替えを行う時には、今までのものと混ぜる割合を変えながらゆっくりと切り替えると、猫の体に負担をかけずに切り替えができます。

レガリエを混ぜていく割合を表にしましたので、参考にしてください。

日数 元のキャットフード レガリエ
1日目 90% 10%
2日目 80% 20%
3日目 70% 30%
4日目 60% 40%
5日目 50% 50%
6日目 40% 60%
7日目 30% 70%
8日目 20% 80%
9日目 10% 90%
10日目 0% 100%

この表のように、キャットフードの切り替えは10日程度かけます。

切り替えの途中で便が柔らかくなるなど体調の変化があれば、混ぜる割合を1日前に戻して様子を見ましょう。

レガリエは子猫・老猫にも与えられるの?

レガリエは、全猫種・全ライフステージ用のキャットフードですので、子猫から老猫まで問題なく与えることができます。

ただし、猫の年齢や体重などによって1日の適切な給餌量が変わってきますので、公式サイトにある給餌量を参考に調整をするようにしてください。

レガリエ公式サイトにお試しサンプルはないの?

レガリエに無料で試せるサンプル品はありませんが、「初回お試しパック」というものがあります。

レガリエ公式サイトから定期便コースに申し込むと、まずはこの「初回お試しパック」が配送されます。内容量は160gで、体重が5kg程度の成猫の場合には約3~4日間試せる量です。

お試しパックを試してみて、万が一レガリエが気に入らなかった場合は、2回目以降の分は解約をすることができますので気軽に試すことができます

レガリエの定期購入の解約は簡単なの?

レガリエを試してみたけれど気に入らなかった場合、利用回数に関係なくいつでも解約をすることが可能です。

解約方法は、定期便コースを申し込んだWEB上から行う方法だけでなく、電話でも手続きをすることができます。

解約をした後に勧誘の電話などは行わないと公式サイトにも記載がありますので、安心して申し込んでみてください。

レガリエの販売会社は信頼できる会社なの?

レガリエは、「ネオストフード株式会社」というところから販売されているキャットフードです。

この会社の理念は「全ての動物とその家族の幸せな生活のために」というもので、自らのペットへ購入して与えたいと思える商品の企画、製造、販売を行っています。

キャットフードだけでなく、ドッグフードも取り扱っています。

まとめ

今回は国産キャットフードのレガリエについて紹介しました。

レガリエは、世界一の品質を目指し様々な面を考え抜いて作られたキャットフードです。

原材料は国産のものを中心に厳選し、生産は国内の工場で行っているという点が、特に安心感を与えてくれます。

ただ、どんなにこだわった高品質の国産キャットフードであっても、愛猫の好みに合わず食べてくれないこともあります。また、食べてくれたとしても体質に合わないという場合もあります。

愛猫とキャットフードの相性を確かめるためには、実際に与えて様子を確認するのが一番ですので、まずはお試しパックを利用して食い付きをチェックしてみてはいかがでしょうか。

\初回限定で500円でお試し/
新発売のレガリエお試しのチャンス!